釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2回 太公望から始まる釣り人の歴史
中国の故事に書かれている太公望

中国の故事に太公望という人物のことが書かれている。中国の故事とは『史記』(中国最初の紀伝体の通史。130巻。前漢の司馬遷著。紀元前91年頃完成)や『漢書』(中国の正式な歴史書。前漢の歴史を記した紀伝体の書。120巻。82年頃成立)のことです。

日本の故事は記紀と呼ばれます。記紀とは、奈良〜平安時代(710〜1185年)の朝廷で編集された『日本書紀』『続日本紀』『日本後紀』『続日本後紀』『日本文徳天皇実録』の六国史や『古事記』のことです。ここで言いたいのは、日本の記紀伝承には太公望のような釣り文化を担う人物の記述がないことです。そのことが日本における釣り文化の立場に不利な影響を与えているのではないかと想像するが、そのことはあとでふれます。

太公望とはどんな人物か?
今から約3100年前のこと。殷朝(中国の古代王朝。紀元前11世紀頃に周の武王に滅ぼされた)で公の職についていた太公望は、国王や側近の堕落に落胆して、職を辞して渭水(黄河の大支流。西安がある渭水盆地は周〜唐まで政治の中心)の浜で釣り糸を垂れて世を避けた。妻は太公望が辞職して給与が入らなくなったので離縁して実家に帰ってしまった。

やがて太公望は周の文王に用いられ、2代武王を助けて殷を討ち天下を定め、後に周代の斉国の始祖となった。ちなみに「虎の巻」が書いてある兵法書の『六韜』は、太公望の著と伝えられている魏晋時代(220〜589年)の偽作です。

太公望が斉国の領主になったことを知った妻は、彼に復縁を迫ったが、太公望は「覆水盆に返らず」と答えた。盆からこぼれた水、入れ物をひっくり返してこぼした水は、二度ともとの入れ物にはもどらないことを例えて、この女を退けた。

太公望にまつわるこれらの故事から、釣り人の異名が太公望になり、今に伝わっています。太公望を釣り人の祖として考えると、釣り人の歴史はおおよそ3100年にも及ぶ壮大なものです。

釣りは、食料として魚を得るための漁労とは性質がちがいます。殷王朝の要人だった太公望が仕事を辞めて、人民の生活を心配し、政治の理想像を考える場を「魚釣り」においたことは、日本の「禅修行」や「わび茶」の精神と同じです。

文王と太公望との出会い

周の文王と太公望の出会いは、太公望の魚釣りの姿から始まる。ある日、文王は狩りに出かけた。使官が占いをしたところ、「渭水の北岸で狩りをなさいますなら、大きな獲物があるでしょう、天はあなたに師を与え、その師はあなたを補佐して3代の功臣となるでありましょう」と言った。

文王は3日間、身を清めてから渭水の北岸で狩猟を行なった。その時、茅(かや)を敷いて魚釣りをしている太公望を見つけた。文王は馬車をおりて丁重にあいさつした。
「あなたは釣りがお好きですか」
太公望が答えた。
「君子はその志を得る(目的を果たすこと)を楽しむ、ということを聞いたことがありますが、私がいま魚釣りを楽しんでいるのは君子のそれに似ているのです」
文王は尋ねた。
「いったどこが似ているのでしょうか」
太公望は答えた。
「釣りにはその目的を達成するために、臨機応変の手段が3つあります。世のことも同じで、餌で魚を釣るのは、給与、地位、名誉で人を釣るのに似ています。登用された忠臣が命をかけて働くのは、餌で釣られた魚が死ぬのと似ています。大魚には大きな餌を、小魚には小さな餌を用意しますが、これは地位(官位)の高低を用意して才能の大小に対応するのと似ています」
太公望は話を続けた。
「そもそも魚を釣るのに餌をつけるのは、魚を手に入れるためであり、人を釣るのも同じ理屈です。その真情は深遠で、釣りから国家の大事を見通すことができるわけです」
文王はいった。
「あなたのおっしゃるその深遠なる情というものを私に教えてもらいたい」
太公望は答えた。
「水源が深いところから水が尽きることなく流れ、その流れのなかにはじめて魚が生育することを情といいます。根が深く張ってこそ樹木が成長繁茂し、そこに木の実がみのります。それが自然の情というものです。君子(上司)と臣下(部下)とが互いに親しみ合い、信頼しあってこそ事業が成立するというのが社会の情というものです」

『六韜』は、さきほど述べたように魏晋時代の偽作と考えるのが定説です。しかし、私たちは太公望の故事(六韜)から、釣り人の歴史が古代中国に始まったと定義したい。

日本での魚釣りの扱われ方

能役者の観阿弥の子、世阿弥は1363年頃に生まれて1443年頃に没したと伝えられる。立花(生け花)の宴を京都大原で開いたことが太平記に残される佐々木高氏(ささきたかうじ)は、1306に生まれ1373年に没した。

茶道は禅味(世俗を離れた枯淡な趣、味わい)を加えた点茶法(抹茶をたてること)を始めた村田珠光(1423〜1502年)を祖とし、武野紹鴎(たけのじょうおう)を経て千利休に至って大成した。利休が豊臣秀吉の命により切腹して世を去ったのは1591年です。つまり、お茶、お花、能といった日本の伝統文化は、400〜500年の歴史しかないのです。

漁獲は、古代の奥羽から北海道にかけて住み、言語や風俗を異にして朝廷に服従しなかった先住日本人の行き方です。平安貴族から見ると、漁獲を目的とする魚釣りは、蝦夷(えみし)の文化です。大陸の漢民族がイレズミをする呉人を南蛮と呼んで、彼らの文化を否定したことと同じような感覚でしょう。3世紀の魏志倭人伝には、倭人(先住日本人)はイレズミをして漁労を得意とすると書いてあります。

「漁労を得意とする」「釣りを得意とする」者たちへの平安貴族の評価は高くなかったようです。平安貴族らは文学に夢中になり、伊勢・竹取・源氏・栄華などの物語、土佐日記などの日記、枕草子などの随筆、和歌は古今集を中心として隆盛を極めました。そして、禁中(宮中)・院中(上皇・法皇の御所)にひとり住みの房(部屋)を与えられた高位の女官である女房(にょうぼう)が作家として活躍しました。

これらの文学作品は現代の中学校や高等学校で、なかば強制的に教えられ、大学受験の試験問題として扱われています。私たちは先生から「平安貴族のこころもちを理解しろ」と言われましたが、漁労や農耕を卑下し、武力を背景にした権力を誇示しながら、汗を流さないで飯が食える貴族の気持ちなど理解できませんでした。働かないで食う男女の恋愛、悲哀が雅(宮廷風であり優美で上品)であるという考え方にはバケツで水を浴びせたくなります。

仏教と狩猟文化の関係

平安時代、鎌倉時代、室町時代(794〜1573年)に、釣りが文化として発展することはなかった。利休が作った竹製の茶さじは重要な文化財です。同じ竹製品でも伝統工芸を究めた和竿は、文化財としての社会的評価は利休の茶さじに遥かに及びません。そして、日本の釣り人で歴史上に残されている大人物(権力者)はいません。釣り人の文学や道徳で庶民を教化することもなく、その足跡もみあたりません。

江戸時代になると大名、旗本、富豪商人が花見のいでたちで、酒と行楽弁当と遊女を同伴して、女の髪を糸にして、金の薄板のオモリで木場あたりでタナゴの賭け釣りを楽しんだとされます。じつに下賤であり品性がいやしいと言われかねません。その一方で江戸文学には釣りを題材にした書物が残されています。これらには情景があり文学作品としての評価が高いが、哲学的とまでは言えません。

昭和初期、大阪のハコ(ヘラブナ)釣り、東京の釣り堀でのコイ釣りは「賭け釣り」だったという資料があります。文化人や知識人は晴耕雨読であり、たとえ世をはかなんでも水辺で糸をたれて思案にふけるといったことはしなかったようです。こうして、日本の釣りは賭けや、食材を獲得するための時代が長く続きました。

釣りは聖徳太子(574〜622年)のころから狩猟や漁労などとともに殺生行為(生き物を殺すこと、仏教では十悪のひとつ)として扱われた形跡があります。大和の大乗仏教の殺生戒は殺生を戒める戒律です。1252年に編まれた『十訓抄(じっきんしょう)』は和漢・古今の教訓的な説話を編集したもので、殺生を諌めています。また、仏教の慈悲の精神によって一定地域での鳥、獣、魚などの狩猟を禁ずる殺生禁断(せっしょうきんだん)を定めています。

これらは狩猟生活を営む先住民には都合が悪いことになります。741年に天武天皇が命じて、全国の国府に国分寺が配置され、五穀豊穰(稲作成功)を願う金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)が収められました。朝廷が狩猟や漁労など殺生行為は解脱の邪魔になると教える仏教を普及させた意図は、先住民である蝦夷の排除と狩猟文化の否定をもくろんだように思えてなりません。

したがって、大学教授のような立場にあった国分寺の僧侶など、権力側にあるヒトが釣りを戯言(ざれごと)として楽しむことはあったかもしれないが、真面目に取り組むことはなかったでしょう。最澄以後の天台座主をはじめ、栄西、道元、日連、法然、親鸞や、佐伯一族と伝えられ、庶民を自力かつ密教的に救済した逸話が残される弘法大師の伝記に、釣りの文字は見当たりません。唯一、「妙法蓮華経」観世音菩薩普門品第25巻(通称:観音経)に、波浪にみまわれても観音力で救われるとあり、漁労者救済の一光が細々と差しこんでいるにすぎません。

夷・戎(えびす)はエミシ(蝦夷)が転じたとも言われます。恵比須は恵比寿・夷・戎・蛭子と書き、七福神の一員で兵庫県西宮神社の祭神、蛭子命(ひるこのみこと)と伝えられます。海上安全・漁業の神、また商売繁昌の神として信仰されてきました。風折烏帽子(かざおりえぼし)をかぶり、タイを手にする姿で有名です。蛭子命は日本神話で伊弉諾(いざなぎ)、伊弉冉(いざなみ)二神の間に最初に生まれた子だが、3歳になっても脚が立たず流し捨てられたと伝えられます。この神話からエビスを歪んだ形や不正常なさまの形容に用いることがあります。

風折烏帽子は主に地下(じげ)が着用します。地下とは天皇が政務する清涼殿に昇殿を許されない官人、または宮中に仕える者以外の人々や一般農民や庶民を指します。夷心(びすこころ)は未開の民の荒々しい心、もののあわれを解さない心を意味します。夷心という言葉には先住日本人がもつ狩猟意欲に、うしろ指を差すような差別的な意味が含まれているのではないでしょうか。

もし大和朝廷のなかに太公望のような人物がいたら……、また、平安文学に先住日本人の狩猟や漁労などへの気づかいがあれば、現代の日本人の差別意識をおおいに和らげたことでしょう。少なくとも、明治維新に始まった朝鮮人や中国人を差別する愚行には至らなかったでしょう。
(つづく)



スポンサーサイト

第1回 学ぶことで知る人の道
★はじめに★
このブログは2004年7月にBasserという釣りの月刊誌で連載を始め、2012年現在も連載が続いている「水辺の環境学」をウェブ上で読めるようにしたものです。ブログ化に際して加筆修正しています。

はじめに

私たち釣り人は精神的にひどく痛めつけられるようになった気がします。そう感じる原因のひとつは、魚が釣れなくなったことです。もうひとつは釣り人のマナーの低下を厳しく非難されていることです。さらに外来種が駆除という名で殺されるようになったことです。(※今回の記事は2004年7月のものです)

釣り人に対する社会の目が厳しくなり、しだいに「管理釣り場」と呼ばれる「釣り堀」に追い込まれていくように思えます。自然に孵化して育った魚が少なくなり、河川湖沼から海に至るまで、人工的に育てられた放流魚の割合が増えつつあります。これは自然と称する管理釣り場で釣りをしているようなものではないでしょうか。船釣りで人気の座布団ヒラメも大マダイも、人工孵化による稚魚を放流して育った魚です。それがいいか悪いかという話ではなく、実状はそうなっているのです。

釣りは、独りの人が自由な思いを抱いて、自然のなかに溶け込み、社会(職場)のしがらみや、時間に束縛されることなくすごす空間にあります。ところが水辺に目を向けると、大量生産と大量消費による市民が捨てたゴミが散乱。また、殺虫剤や除草剤など市民生活を支える農業、ガーデニングで使われる化学物質も流れ込んでいます。これらについて、千差万別に議論百出が繰り返され、政治家、マスコミ、学者から、釣り人のマナー向上が必要であると、机上の議論によりつくられた大義名文を突きつけられています。このことにより、水辺での「釣りの自由」を制限されつつあることへの不満ははかりしれません。

なぜ釣り人は、魚とともに管理されなくてはならない状況になりつつあるのか、誰によって管理されつつあるのか、その理由が知りたい。幼い頃から学習塾に通い、親や先生、大人たちが定めた価値観による人生を歩みたくはなく、職場で集団的な日々だけを過ごすこともしたくない。こう思うことは反社会的なことでしょうか。

吉田幸二さんは物心つき始めたころからおよそ50年間、釣りを続けてきました。1984年から20年間をプロアングラーとして生きて、あっという間に53歳になりました(2004年時点)。いつの頃からか、ひと昔前の釣りのことが語れるようになっていました。ひと昔前の釣りのことと、今の釣りのことを比較すると、水辺には大きな変化が起きています。「昔はよかった」という郷愁ではありません。水辺の一大事について、誰に聞いても満足する答えが得られません。

そこで映画『インディ・ジョーンズ』の登場人物「墓守の翁」のように、昔の物語に詳しい大学教員の升秀夫さんと一緒に、各地の水辺を訪ねて、太古から今に至るまでの水辺の環境を学ぶことにしたのです。私たち釣り人が自由を守るためには何が必要なのか、その答えを出すために。

升先生は「人は学ぶことによって正しい人の道を知ることができる」と言いました。江戸時代なかばに生きた折衷学派のメンバー、細井平洲(ほそい・へいしゅう/1728〜1801年)の言葉だそうです。では、はじまり、はじまり。(文:金澤)


旧石器時代から稲作へ

旧石器時代、日本列島からいわゆる北方領土を経由して、ロシアの沿海州まで広範囲に、狩猟と漁労、採集で生きていた日本列島人がいた。その後、朝鮮半島や中国大陸から渡来した、稲作をして都市や国家を作ることが上手な移住者を受け入れつつ同化してきた。

朝鮮半島や中国大陸からの移住者たちは、稲作を国造りの根幹としていたので、従来の自然にヒトの手を加えて、稲作に必要な雑木林と水路をはりめぐらせて、いわゆる里山が作られた。やがて、神社などを中核とする村(フレ)や里(サト)など、人家のある人里(ひとざと)の村邑(ソンユウ)が出現し、稲作の広がりは日本の自然と景色をゆるやかに変貌させてきた。

水田耕作のためにチッソ、リンなど植物に必要な栄養物が豊富に含まれる水をヒトが作り出すことにより、植物プランクトンや動物プランクトンが増え、これを捕食するカエルや魚なども豊富になった。これらを捕えて生きるネズミ、イタチ、タヌキ、キツネ、オオカミが狭い日本列島に密集し、タカ、ハヤブサ、トンビ、ミサゴなど猛禽も空を覆いつくさんばかりだった。

外来の稲作民が定住したことは、日本列島に生物の多様性をもたらした。動物や植物は大陸からのヒトの往来と移住により、日本列島の隅々に移動と移植がくりかえされ、豪族や武士の集団が競い合うことで、そのつど新たな食物連鎖や順列が構築されつつ千数百年が経過した。

明治以降の近代化

明治維新により、平安京に終焉した天皇を中心とする中央集権国家が復活した。五穀豊穰を祈りながら農業を主体とする「国のかたち」は、武士階級と鎖国制度というサナギの状態から羽化して、工業先進国として近代化をめざした。ヒトの往来は風力を使う帆船から、石炭を燃料とする動力船になった。世界中で動植物の移動が頻繁になり、科学の発達により日本人は生活を向上させつつあった。

この現象は第二次世界大戦のあと、またたくまに日本の隅々まで普及し、日本人は稲作を主体とした生活をやめ、里山から離れた。そして、科学による工業生産と工業製品の輸出で得られた外貨を消費する、都市の経済活動と文化活動に価値観を移した。その結果、稲作によって得られていた日本列島各地の固有文化と生物の多様性は失われていった。

このことへの不満を釣り人が強く感じることは、ヒトの身体を構成する3兆個に及ぶ細胞内にある、旧石器時代から伝承されてきた遺伝子の高揚ではないだろうか。都市のマンション、都市周辺のニュータウンに生まれた子どもたちの遺伝子にある、狩猟民の頃の高揚が歪んだかたちとなり、イジメや虐待、暴力として表出しているように思える。私たち日本人のだれもが継承する旧石器時代からの遺伝子は、山海を縦横無尽に行き来し、山海の幸を獲得することを欲求しているように感じます。

農業の工業化

戦後、日本の農業は科学技術により、工場で生産された化学肥料と農薬に依存するようになった。生産力と効率化が飛躍的に向上し、農民一揆の原因になっていた飢饉に見舞われることもなくなった。人力や牛馬で耕すのではなく、石油(ガソリン)を使う機械が耕し、化学肥料で育てるから、農業は工業化されたと言える。

農村では、里山から湧き出る富栄養水、たき火用の小枝、農耕地に入れる移植土(腐葉土)、薪にする倒木など、肥料や農具の材料を供給する雑木林が不要になった。農作における森、林、雑木林など自然環境の価値は半減し、里山の手入れが行き届かなくなって、山は竹林などに変わりつつある。

科学技術により、作ろうと思えば東京の日比谷公園やお台場に水田を造ることができる。ただしそれは里山の生物学的な原理による稲作ではなく、石油エネルギー(電気も含む)を前提にした化学的、工業的な稲作である。

都市からの排水は石油から合成された洗剤などの化学物質を多く含み、農村からは余剰の化学肥料と農薬を含む排水が出て、山海に流出するようになった。森、林、雑木林の利用価値がなくなったことによる手入れ不足と、これら化学物質が生き物たちを減らしたようだ。魚も少なくなったので、現代人が魚釣りによって、休日に狩猟本能を満足させることが難しくなっている。釣り人としてはこの状態を放置するわけにはいかない。

極端な空想だが、旧石器時代から日本人に伝わる遺伝子の高揚に我慢がならず、お互いの命や財産を奪い合うことで満足する者が現われかねない。または、すでにそのような現象が始まっているのかもしれない。採集と窃盗の違いは、ヒトがヒトを管理するために作った法律が定めていることにすぎない、と論じたら非難されると思うが、採集や窃盗の行動を命令する脳細胞は近いところに位置しているように思える。

開拓と侵略

人口が増加して密集すると、新しい土地を求めるフロンティアスピリッツ(開拓者精神)で行動するのが人類の常套手段だった。しかし、地球上には心地よい環境、土地、資源の余裕がなくなってきた。

伝統的な焼畑農業を禁止してジャングルの伐採を食い止めても、工業化した農業で食料を増産すれば食べ物が豊かになり人口が増える。増えた人口は再びジャングルを伐採して農地化を進めて人口増加に拍車がかかる。

森林やジャングルの伐採によって植物からの酸素供給が減少する。植物の消費は炭素を拡散し、二酸化炭素の排出を増加する。放たれた二酸化炭素による地球の温暖化で南極と北極の氷が解けて海面が上昇したら、陸地の耕作面積が減ってしまう。やがてヒトは阿鼻叫喚を発しながら、暮らしやすい土地を奪い合う争い(戦争)で自滅することになりかねない。

ヒトは個人の欲望を自制するため、国や都市を管理する権力者たちが定めた宗教や哲学で、欲望の暴発を防いできた。ところが生命の原理を科学が解明してしまい、神仏がコントロールしていた生命誕生と死の倫理観を、ヒトが自ら破壊したことで、啓示や教えによる抑制が利かなくなった。家畜誕生と作物が芽吹くメカニズムをヒトがコントロールできるようになったことで、神仏への感謝も薄らいだ。啓示は人の知識をもって知ることのできない神秘を神の恩恵によって示すことであり、解脱は現世の苦悩から解放されて絶対自由の境地に達することなのだが、こんなことをおいそれと信じられる時代ではなくなった。

分子生物学、遺伝子工学を原理にした農学と医学は、宗教や哲学を無視して前進を続けている。核分裂の利用は、巨額のコストと膨大なエネルギーを必要とするために権力(政府)で囲い込み、管理することができた。しかし、遺伝子を組み替え、杯細胞に仕込んだ卵細胞を女性に移植し、サイボーグのような人間を誕生させることは、小規模な個人病院の設備でも可能になった。バイオテクノロジーにより生物や植物の誕生と芽吹きは、神仏だけがなせるわざではなくなった。

こうした時代だからこそ、私たちは旧石器時代から伝わる遺伝子の高揚を素直に受け入れ、山海の水辺で自然から生き方を学ぶことが必要ではないだろうか。神仏そのものがヒトの想像によるものか、ヒトが神仏の創造によるものなのかを探す旅に出よう。
 
歴史を知ると見えてくるもの

2004年現在、日本で一番広い湖は琵琶湖、2番目は霞ヶ浦、3番目は青森県の太平洋岸にある小川原湖だ。ところが、太平洋戦争の敗戦後から20年ほどが経過したころ、私たちが習った順位は、琵琶湖、八郎潟、霞ヶ浦という並びだった。このことを大人たちは意外に知らない。日本の地理歴史にかぎらず地球上の過去のできごとは、私立中学受験の勉強に熱心な塾通いの小学6年生のほうが、うかつな大人よりよほど詳しく知っている。

釣りをするとき、その地域の環境変化の歴史を気にすることはないが、少しでも過去のことを知ると、考えるべきこが多いと気づく。釣り人は水辺ですごすときに、子どもに昔話ができるようになるべきだ。水辺で子どもたちに釣りの文化を教えられる知識と環境を整えることは、大人の釣り人がやるべきことだ。

狩猟と採集を生活基盤にしていた石器時代の人々のゴミは、集積されて捨てられていたから、貝塚として3万年の時を経て現在に残され埋蔵文化財になった。しかし、石器時代からの歴史を知ることで、現代の水辺に捨てられた産業廃棄物や家庭ゴミなど無秩序に捨てられるゴミを見ると、現代の日本人は石器時代のヒトよりモラルがないように思える。

「温故知新(おんこちしん)」という言葉は結婚披露宴で仲人や来賓の祝辞、はたまた朝礼のときの校長先生の話など、気軽に使われてきたので、言葉の価値がすり減っている。しかし、温故知新が釣り人にとって大切な武器になることを私たちは確信している。それは、この連載のなかで実感していただけるはず。
(つづく)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。