釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第4回 アイヌ支配と霞ヶ浦の生い立ち
北上する稲作

外来の稲作を根幹とした移民のフロンティアスピリット、それが在来の日本列島人を征服しながら北海道まで北上したことが、日本史の根底に流れていることは前回述べたとおりです。

稲作が日本に伝わってから千数百年後、平成になったころ、朝廷は稲作に適さなかった北海道まで稲穂で覆うことに成功しました。しかし、すでに昭和末期には、生産された米のすべてを国が買い上げることができなくなります。高度経済成長後の日本は工業製品を海外に売り、その利益で世界中から食料を輸入するようになって、史上初めて米が余ってしまったのです。しかたなく百姓に「米を作らないでくれたらお金を与える」という減反政策(米の作付け面積を減らす)を始めました。これは歴史上類を見ない奇策です。

米作りを止めさせるための減反政策で農家(農協)に金を出しつつ、その一方で気候的には適さない北海道にまで稲作を広げるために莫大な国費(税金)を使い続ける。この矛盾した現実から、外来にルーツのある日本民族の水田拡大に対する異常なまでの執念を感じます。大和魂=稲作魂=フロンティアスピリット、これらは同義語のように思えます。
 
在来民族アイヌ

北海道という島はデンマークほどの広さで気候は牧畜に適しています。もしアイヌ人が、国という組織が好きな民族だったとしたら、明治政府からの土人扱いを免れて、畜産国として独立国家を建国することも不可能ではなかったでしょう。在来の先住日本人としてのアイヌはサケ、マスなどの漁や鹿や猪などの狩猟、野生植物の採集を主とし、アザラシやトド猟も行なって生きてきました。

江戸時代以後、松前藩(北海道南部)による苛酷な支配と、明治政府の開拓政策、同化政策により、アイヌ民族固有の言語、慣習や文化の多くが失われました。そうした政策のもとになった差別的な「土人保護法」が廃止されたのは、なんと1997年です。あのバス釣りブームのころまで、こんな差別的な法律が見直されずに残ってきたことに驚かされます。アイヌ人がほぼ消滅する平成になるまで、日本政府がアイヌ人を法律で土人と言い続けてきた事実は知っておいたほうがいいです。

アイヌは北海道、樺太(サハリン)、千島列島(クリール)に居住しており、近代は主に北海道に居住した先住民族である。アイヌの言語は系統不明であるとされている。さらに無礼なことに、人種の系統も明らかでないと書いてある教科書が多い。アイヌ語は、樺太、千島列島、北海道の三方言に区別される。今となっては日常語としてはほとんど使われず、少数の人が伝えているだけです。ナイ(沢)やベツ(川)で終わる言葉が多く、北海道や東北地方の地名の多くはアイヌ語が起源になっています。

人種の系統はどうか? ツングースは、シベリアのエニセイ川、レナ川、アムール川流域やサハリン島、中国東北部にかけて広く生活する民族です。狩猟、漁労、採取、トナカイ飼育などが生業です。先住の日本人(在来種)はこの人たちと近縁のようです。

ツングースがトナカイを飼育するのと同じように、先住の日本人がカモシカを飼育していたとしても不思議ではありません。トナカイは「馴鹿」と書く。この漢字の意味するところを考えてほしい。また、なぜだか知らないが、トナカイはキリスト教の儀式であるクリスマスにサンタクロースが乗るソリを引くことになった。シカ科の哺乳類はキリスト教文化圏でも人間に飼育されていたのです。トナカイは北極圏を取り巻く地域に広く分布し、北ヨーロッパやシベリアでは古くから家畜化されていました。アイヌの言語と人種的系統については以上です。

このことが広く知らされていないことは、稲作至上主義で組織的な農耕が好きな外来ルーツの日本人のなかに、先住日本人の釣り、狩猟、採集生活を非文化的であるとする思想が現在まで続いていることを意味するのかもしれません。

 釣り文化の扱い

日本における「釣り」は先住の日本列島人だった蝦夷やアイヌのリベラルな生活手段であり文化でした。稲作を広めるために仏教を普及させた大和盆地の価値観のなかでは、釣りが文化として認められる土壌はなかった。むしろ、釣りは律令制や太閤検地の対象から漏れた賤民的な扱いだったのかもしれません。

以前書いたように、茶道、生け花、能楽など現在いわゆる日本文化とされるものは、もともとは朝廷、貴族、僧侶、武士といった権力者たち、エスタブリッシュメント(国家の意志決定や政策形成に影響力を及ぼす支配層)たちの文化でした。社会生活の中枢となる都市や領土をもち、民の国籍、他の意思に支配されない国家統治の権力を備えた「中央集権的な国家」によるものです。

そのような体制をもたなかった先住日本列島人の文化は、漁労や狩猟に関することを主体としていたが、彼らの文化や価値観はごく一部の例外のほかは現代に伝承されなかった。それらは、稲作の価値観に上書きされたからです。このことは現在の皇室に田植え、稲刈り、鴨猟などの儀式はあっても、釣りに関することが伝承されていないことからもうかがい知ることができます。

平安貴族の和歌は500年後の江戸時代に俳句として庶民文化になりました。田楽、能は歌舞伎になりました。一方、釣りはもともと宮中のことではなく最初から庶民のものであり、法律による縛りが及ぶものではなく、したがって、釣り文化は先住日本人由来の文化として伝承されるべきものであり、他人に迷惑をかけないかぎりにおいて作法に縛られるものではないはずです。

文化というものは文徳(学問を修めることで身にそなわる人格)で民を教化することだから、作法に縛られないようなもの(釣り)は文化的ではないとする考え方もあります。私たち釣り人はそのような意見は無視して先に進みましょう。
 
20万年前の霞ヶ浦

霞ヶ浦のことを話そう。

明治以降の日本では湖の広さの順位が入れ替わってしまうほど地形の変化が激しい。その変化は自然の地殻変動や海面の水位変動によるものではなく、土木工事による改造であることを日本人は知っておくべきです。改造の歴史を知ることは、21世紀を生きる日本人の「環境感覚」に必要な基礎になります。遠い未来の人たちは、20世紀は石油科学による戦争の大規模化と、大量消費を美徳とする時代であり、21世紀は水の時代だったと、歴史の教科書で学ぶことになるかもしれません。

では、明治以前の霞ヶ浦の地殻変動と海面水位の変化の歴史はどのようなものだったのか。今から約20万年前の更新世中期には、霞ヶ浦は関東地方に広がっていた古東京湾といわれる海の底でした。更新世とは約170万年前から1万年前までのことです。更新世の期間に、地球上に広く氷床が発達した氷期と、現在のような温暖な間氷期とが繰り返されました。

000029901.gif
約20万年前の関東地方。霞ヶ浦は古東京湾といわれる海の底だった
(以下の画像は国交省霞ヶ浦河川事務所HPから引用)

その後、古東京湾に堆積した土砂によって浅い海底が陸地化しました。これが現在の霞ヶ浦周辺に広がる標高20〜40mの台地のもとになった地形だと国土交通省霞ヶ浦河川事務所が解説しています。この台地は砂地で成田層群と呼ばれます。

成田層群が堆積した後で、海面が後退(水位が低下)して平野が生まれました。この平野はすぐに下方浸食(地表が自然現象により削り取られること)を受けて、谷底平野が形成されたようです。現在の霞ヶ浦周辺の台地に刻まれている幅広い谷底平野はこのときできました。西浦に流入する桜川周辺の低地もそのひとつです。桜川には、かつては古鬼怒川が流れていました。現在霞ヶ浦の湖底から採取される砂利や石は、栃木県の那須や足尾あたりの山々から古鬼怒川によって運ばれたものらしい。

000029898.gif
約13万年前
 
2万年前〜現在の霞ヶ浦

約2万年前は、氷期のピークになり大陸に厚さ数千メートルの氷床ができて海面が低下した(マイナス100〜130m)。この頃の日本列島は北海道と九州で大陸と地続きだったとされる。霞ヶ浦では河川からの流入水によって浸食(地表が削り取られること)されて、霞ヶ浦水系の流入河川がほぼ現在のような形につくられた。こうして西浦・北浦の湖のもとになる盆地が形成されました。この時期は、古富士火山(富士山のもとになった山)などの火山活動が活発で、霞ヶ浦周辺の台地上には火山灰が厚く積もった。これが関東ローム層と呼ばれている赤土の層をつくりました。

000029895.gif
約2万年前。氷河期のため海水面が100m以上低かった

その後、約6千年前には、縄文海進と呼ばれる海面の上昇(現在より4m前後高い)で、谷に沿って海水が進入し、大規模な入り江が形成されました。この海進によって湾岸での浸食が進み、その後沖積層(海進に伴って海や谷を埋め立てた礫・砂・粒土・貝化石などからなる堆積物)が厚く堆積しました。そして現在の霞ヶ浦・北浦の輪郭が形成されたようです。

000029892.gif
約6000年前の縄文海進。海面が現在より4m前後高かった

その後、海面がしだいに後退(低下)して、湾岸には現在見られるような幅の狭い平野が形成されました。8世紀(700年代)になると、霞ヶ浦一帯は、今の利根川下流に広がっていた香取海の入り江のひとつとして「香澄流海」と呼ばれていました。『常陸国風土記』(720年頃成立)で伝えられる霞ヶ浦の景色は香澄流海のものです。

000029881.gif
今から1000年以上前の西暦700年代。霞ヶ浦は香取海の入り江のひとつ香澄流海だった。720年ごろ編まれた『常陸国風土記』に当時のようすが書かれている


香澄流海の面積は現在の霞ヶ浦の2〜3倍あり、毎日海水が出入りする広い入り江でした。その後、鬼怒川や小貝川が運んできた土砂などが現在の西浦や北浦の湾口に堆積して、現代の地形に近づきました。こうした地形の変化で作られた「香澄流海」のほとりに、朝廷が常陸国府(現在の石岡市)を置いて、『常陸国風土記』を編集し、奈良(大和朝廷)から伝わってきた仏教を支えました。

もともと江戸湾(東京湾)にそそいでいた利根川の流路が現在の位置になったのは、江戸時代初期の約60年間(1594年〜1654年)に行なわれた「利根川東遷」と呼ばれる改修工事の結果だとされています。その目的は江戸を利根川の水害から守り新田開発を促進すること、舟運の航路を開いて東北と関東との輸送システムを確立することでした。この大工事によって利根川が現在の位置を流れるようになり、霞ヶ浦は利根川が運んできた土砂によって河口部分がせき止められました。そして日本で3番目に広い汽水湖になったのです。

000029878.gif
利根川東遷事業とは東京湾に注いでいた利根川を太平洋に流す工事

ところが、日本で2番目に広かった秋田県の八郎潟が、戦後の1957年以来の干拓工事(稲作などのため農地化)によって人工的な「八郎調整池」に改造されて水面の面積が狭くなりました。その結果、霞ヶ浦が2位になったのです。

さらに1961年、霞ヶ浦と太平洋を結んでいた常陸川に巨大なゲート(逆水門)が造られ、霞ヶ浦水系はダム湖に改造されて淡水化が進められました。しかし、霞ヶ浦周辺の井戸水には、今でも薄いお吸い物ほどの微量な塩分が含まれているそうです。また、霞ヶ浦では成育に塩分を必要とするイサザアミが漁獲されています。

こうして見てくると、人間の歴史は地球規模の地形変化と気温変化に支配されていることがわかります。
(つづく)


スポンサーサイト

第3回 古代から続く先住民征服の歴史
年貢と太閤検地

年貢とは平安時代の中期から、江戸時代の終わりまで、荘園領主や大名、藩主などの支配層が、農民や漁民などに課した税のことです。米で納めたほか、絹、木材などの物納のこともありました。室町時代からは畿内を中心に、年貢を金銭で納めることが普及していきました。

戦国時代のあと、安土桃山時代に豊臣秀吉が太閤検地を行なった(1582〜1598年)。これは農民に納税させる根拠となる田畑を調査して、その面積と収穫量を決めた政策であり、歴史の教科書では高く評価されている。しかし、太閤検地は江戸時代の封建社会を支える階級観念となった身分制度、士農工商の始まりのように思える。

太閤検地は1582〜1598年に全国で施行された。

古代から大人1人が1年間に食べる米の量を1石として、米1石が収穫できる田の面積が1反だった。検地では6尺3寸(約1.9m)の竿を用いて、1反を300歩とし、田畑を上・中・下・下々という4等級の石盛(こくもり)に分類し、京枡の使用により全国統一の基準を初めて定めた。この検地によって、石高制(田畑や屋敷などの土地はすべて米の生産力に換算・表示する)が確立し、封建領主の土地所有と小農民の土地保有とが全国的に確定した。

日本史の授業で太閤検地を高く評価する教員がおられる。しかし私たちは庶民の一員として、武力で農民が支配されて、労働しない武士に米を奪われる年貢について、太閤検地を誇るように扱うことには不満を感じる。

厳しい取り立て

太閤検地のときの公布書から引用する。
---------------------------------------------

おうせ出され候むき、国人並びに百姓共に合点行き候様によくよく申し聞かすべく候。

自然、相届かざる覚悟の輩これ在るに於ては、城主にて候はば、そのもの城へ追入れ、おのおの相談じ、一人も残し置かず、なでぎりに申付るべく候。

百姓以下に至るまで相届かざるに付ては、一郷も二郷もことごとくなでぎり仕るべく候。

六十余州かたくおうせ付られ、出羽・奥州まで粗相(そさう)にはさせらるまじく候。

たとへ亡所になり候ても苦しからず候間、其の意を得べく候。

山のおく、海は櫓櫂(ろかい)のつづき候迄、念を入るべき事専一に候。

自然、各退屈するに於ては、関白殿御自身御座成され候ても仰付らるべく候。急(きっ)と此の返事然るべく候也。

(引用終わり)
---------------------------------------------

年貢の取り立てを徹底せよと指示する勢いは「一人も残し置かず、なでぎりに申付るべく候」とあるように、武力を背景にした搾取である。納税しない者はひとり残さず斬り殺せ、とは過酷です。

これは農耕についての年貢のことだが、一方で漁労と狩猟についてはどうだったのか。
「山のおく、海はろかい(櫓櫂)のつづき候迄、念を入るべき事専一に候」とある。漁師や猟師に対する税の徴収も、東北の出羽・奥州にいたるまで、すみずみまで行なえという執念が感じられる。

漁師からの納税根拠を考えるとき、ろかいの所有数とは現代の船外機の所有数や漁船の所有数に置き換えればよいのだろう。ところが検地の実施にさいして、漁獲した魚介類の種類や漁獲量に応じた納税方法などは示されていない。猟師が得た山菜や毛皮についても納税基準はない。

市場原理、流通経済の始まり

当時の税務署員は武士です。戦国期に武力を行使した武装勢力に税務処理を任せることには無理があったことでしょう。秀吉自身、またはその側近は、漁労や狩猟による収益を視野にすることがなかったのでしょうか。または、飢饉にさいして人々に楽を与える“慈”、苦を除く“悲”のために、この部分にまでは税負担をかけることがなかったと考えるべきなのか。

もしくは比叡山や高野山に代表される仏教的な観点から、漁労や狩猟は殺生がともなうことであるため、税から削除されたのか。この部分についての判断は難しいので歴史や政治の専門家にまかせたい。

むしろ大事なことは、秀吉が育てた石田三成(1560〜1600年)が、米を生産地で消費させるのではなく、大阪の市場に流通させて商品化して、材木なども現金化できるようにしたことです。その結果、地方豪族たちは家来を食わせるために他国の領土をねらう意欲や、防衛意識による自給自足の意欲を失ってしまい、天下取りの意識も薄らいでしまったようです。

米にこだわることなく砂糖や材木などの産物や貿易で大儲けする藩が現われるようになったことは、市場原理、流通経済の始まりです。教科書では太閤検地よりも、こうした社会のしくみの変化を詳しく伝えるべきだと思います。

太閤検地の後、秀吉は中国大陸の明の国を経略したいという欲にかられ、その前段階として朝鮮に対して服属することを強要しました。しかし、拒まれたため、1592年に加藤清正、小西行長を先鋒にして15万人の兵を船で朝鮮半島に派遣しました。実に愚かなことです。

初めは連戦連勝し、ソウルの北にある碧蹄館(へきていかん)で明の援軍を破るなどしたが、やがて秀吉の水軍は朝鮮提督の李舜臣の軍に大敗しました。

体制変革の後に戦争あり

歴史のターニングポイントと、その後に日本が起こしてきた海外との戦について見てみよう。

645年から中大兄皇子(後の天智天皇)、中臣(藤原)鎌足らが奈良の飛鳥で「大化の改新」という政治的変革を進めた。私有地と私有民の廃止、国・郡・里制によって地方行政権を朝廷に集中する、戸籍の作成や耕地の調査による班田収授法の実施、調・庸など税制の統一を強行した。

その後、663年に朝鮮半島で「白村江の戦い」が起こり、日本は百済の王子豊璋を救援するため朝鮮半島に軍を送った。日本と百済の連合軍は、唐と新羅の連合軍に敗れて、やがて百済は滅亡した。

時代は下り、豊臣秀吉の太閤検地とその後の市場原理・流通経済の始まりのあとには朝鮮出兵(1592〜1598年)があった。

明治維新では封建制から国家統一と資本制への移行を断行して近代日本の基礎が築かれた。その後、大陸に出兵して日清戦争(1894年)、日露戦争(1904年)、第一次世界大戦(1914〜1918年年)と連戦連勝した。その後、日中戦争(1937年)、ノモンハン戦争(1939年)、太平洋戦争の敗戦(1945年)までの間に、遠く戦場に送られた兵士たちの餓死や戦病死、全国の空襲、原爆投下、ソ連の参戦により、日本は多くの死者を出し、都市は焼け野原になりました。

ここで伝えたいことは、日本は国内体制の改革、強化のあとには対外戦争を起こすということです。はたして、戦争の相手は海外だけだったのか? 国内ではそうした行為をしてこなかったのか?

先住民を服従させてきた歴史

ここで高校の日本史の教科書と参考書を広げてみる。最新のものです。出版社により記述に多少の差異はあるけれど、国が検定した教科書なので大差ありません。いまどきの高校生が学んでいる内容なので大人たちも知っておくといいでしょう。

古代の大和盆地(奈良)では大王家、蘇我氏、物部氏、大伴氏、葛城氏、巨勢(こせ)氏、和珥(わに)氏などが主権を争っていました。ここでの主権とは、自らの意思で民と領土を統治する権利のことです。大王家は九州由来の一族であり、九州から奈良に移住してきたらしい。

教科書のページを進めていこう。

もともと稲作がなかった日本列島に、稲作を主体とした外来人が渡ってきて以来、先住民を服従させ、追いやり、攻め滅ぼし、同化したり、差別したりする「日本史」が、古代から昭和まで続いていることに気付くでしょうか。これが私たちが伝えたいことのひとつです。

もともと日本列島における釣りは、狩猟であり、先住日本列島人の生活の土台であり文化でした。先住民は旧石器時代から日本列島で暮らし、北海道、沿海州(ロシア連邦の極東部)とを行き来しながら生活していました。稲作が伝わる以前は、ごく一部の人間に富が集中することもなかったようです。

その後にできた大和朝廷は中国大陸、朝鮮半島から「制度と文化」を移入して、そこにエトランゼ(etranger:異邦人、外国人 )が加わった「エスタブリッシュメント(権力や支配力をもつ階級)」な集団です。

大和朝廷は領地拡大志向であり好戦的な「フロンティアスピリット」が大好きだったようです。大和朝廷が宗教や武力によって得た領地には、稲作の成功と五穀豊穰の普及のために、国府(諸国に置かれた政庁=現地を平定する軍事的な役割もある)と国分寺を建立しました。仏教は先住日本人にも行き渡り、狩猟や漁労は殺生としていさめられ、食料の獲得は農耕(稲作)に変更されていった。このことで先住日本列島人はしだいに大和朝廷の支配下におかれていったのです。

やがて都が京都盆地に移って(794年、平安京)、平安時代末期になると、朝廷の子飼いで防人などの任務にあった武士たちが武力で朝廷から権力を奪い取りました。その最初の人物が平清盛(1118〜1181年)だとされています。以後、権力をめぐる武装勢力による争いが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代と続きました。

長い年月のあと、1600年に関ヶ原の戦で勝った徳川家康が征夷大将軍の位と引き替えに、朝廷(京都)と平和友好契約を結びました。ところが、江戸時代末期になると朝廷と公家を巻き込んで、武家(藩)が権力争いを始めました。そして1866〜1868年に、明治維新という政治的変革(事実上の軍事クーデター)によって、日本が欧米の植民地にされることを防ぐため、中央集権律令制国家を復活させ、天皇中心の国に逆戻りする政治体制が東京で作られたのです。

その後も、稲作を根幹としたフロンティアスピリットで、秋田県八郎潟の水を抜いて干拓して水田を造成して、北海道まで水田で覆いつくそうと事業を進めました。稲作が蝦夷の大地である北海道に移植されるに至って、古代から奥羽や北海道に住んでいた、言語や風俗を異にして朝廷に服従しなかった先住民の蝦夷、北海道の先住民族のアイヌの純粋種(在来種)と文化はほぼ絶滅させられたと言えます。高校生の教科書から、こうした歴史が読み取れるのです。
(つづく)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。