釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第6回 足尾・渡良瀬(1)田中正造
自然環境よりも工業化を優先

栃木県の足尾銅山に行ったことはありますか? 私(升)は霞ヶ浦について考えていると田中正造を思い出すことがあります。足尾銅山の鉱毒被害を明治天皇に直訴しようとした人で、教科書にのっていたのでご存知でしょう。

明治時代に足尾銅山から渡良瀬川に流れ込んだ鉱毒で、かつて清流だった川は無生物状態になりました。それどころか流域の人間にも害があってひどい状態だったといいます。

霞ヶ浦でも魚や水生植物の生存権など軽く無視されてきた歴史があります。決定権のある人には、それ以上に優先すべきことがあったのでしょう。渡良瀬川の鉱毒は極端な例ですが、日本全国のいたるところで、似たようなことが起きてきたし、今も起きています。

高度経済成長のあと現在までの開発によって、海や川や湖で魚の自然繁殖が激減しました。それを補うために各地で放流魚が増えて、海や川や湖が釣り堀化しているという見方があります。

海ではヒラメやマダイの稚魚放流が行なわれています。これはまるで漁業の稲作化です。日本の水産学は農学と同じです。釣り人にとって魚はさまざまな充足を与えてくれる釣りの相手ですが、農林水産省の管轄において魚介類は食料品にすぎないのでしょう。

私(升)が研究室をかまえていた静岡県下田市の鍋田湾では、ここ20年でキスが激減したと職員が口をそろえます。千葉県の銚子では知り合いの漁労長がイワシが減ったと言います。銚子の近所でできるカレイ釣りといった楽しみも消えつつあります。だいぶ前から潮干狩りのアサリも韓国や中国から輸入したものを放流して掘らせています。中国大陸や朝鮮半島から動植物をもってくることは最近始まったことではなく、2千年間続けてきたことです。

こうして挙げていくと、日本の沿岸や河川、湖沼から魚介類が激減していることが分かります。私は1975年頃を始まりにして、日本の水圏生物の多様性と生息数が減り始めたと実感しています。ベトナム戦争でアメリカが敗け、田中角栄率いる自民党政権によって日本列島が改造され始めたころです。(『日本列島改造論』は1972年に刊行された)。

高速道路網、新幹線網が広げられ、空港、国際港が各都道府県に整備されました。全国各地に工業地帯が拡散して、農民は食料生産をやめて工場や企業で働くようになり、自動車は1人1台になりつつあります。

そのころから川や海に稚魚や養殖魚が放流されるようになったと感じます。言い換えれば、自然のままでは魚が子孫を残せない状態に至るまで自然が改造された。人間が魚を補充しなければ、釣りが成り立たない時代になったということです。

川の釣り堀化が進み、山里や里山の川で、養殖イワナ、ブラウントラウト、レインボートラウトが放たれ、釣り人を楽しませています。イワナは山深い渓流に棲むからこそ渓流釣りの価値があったのに、私(升)に言わせれば釣り堀化は伝統のブチ壊しです。

もともと日本の釣りには、国民の動物蛋白源を確保するといった意味がありました。日本人の釣りには食を得るという漁獲そのものの喜びもあるのかもしれません。40年くらい前は、母親の乳が出ないから父親が川でコイを獲って食べさせたら乳が出たとか(赤ちゃんが生きのびた)、病弱の母親にウナギを獲って食べさせ看病したとか、お爺さんお婆さんの死に際にシジミを獲ってシジミ汁を飲ませ、それが最後の食事になったというような話が日常的に聞かれました。

IMG_1503a.jpg
田中正造(たなか・しょうぞう)。1841年(天保12年)生まれ、栃木県佐野市出身。栃木新聞の編集長、栃木県議会議員を経て、国会議員を6期つとめる。1901年(明治34年)に議員を辞職し、その年の12月に東京の日比谷で明治天皇に直訴しようとして失敗し、狂人扱いされ釈放。その後、貯水池(現在の渡良瀬遊水地)になる予定の栃木県谷中村に住み、強制廃村のあとも住み続け、1907年に強制退去。1913年(大正2年)死去(71歳)。

田中正造

吉田さんは子どもの頃のことを思い出して言いました。
「1951年(昭和26年)生まれの僕が幼いころ、90歳の老人は江戸時代生まれでした。僕が少年期に釣りを教わった古老たちは、皆さん明治生まれです。日露戦争に従軍した退役軍人だというお爺さんもいました」。

イギリスの産業革命(1760〜1830年に進んだ工業化)のあと科学が発達して、日本も明治政府になると富国強兵をスローガンにして工業先進国を目指しました。

その後も発展を続けた科学の力で現代の私たちは快適で健康的な暮らしができるようになったと、教科書に書いてあります。科学は人類の叡智ですと先生が教えます。よく考えると、科学はヒトが汗水流さなくても衣食住が得られる手段です。だから正義として扱われてきたのでしょう。

科学の延長線上にある、遺伝子操作によって、里山の川でも繁殖できるイワナを作りかねませんが、それは行き過ぎであり、非道徳的な発想だと私は思います。

里山という美名に飾られた真四角な水田の風景。竹林や杉林からの水を貯めるダム湖。ダムから放水された川、その水系にある小川で、遺伝子組み替えイワナを釣る。農薬と化学肥料で製造した米を原料にした日本酒を飲みつつ、秋月を眺めて養殖イワナの塩焼きを楽しむ……、実に科学的な花鳥風月です。しかし、私はそんなものに興味はありません。

日本人は武士という言葉が好きで、刀は武士の魂などと言います。少し考えれば、武士とは、農民漁民といった生産者から武力で不労所得を得て暮らす階層だとわかります。他人は利害と恐怖でしか動かない。武士の刀や武力は搾取するための道具です。強者の理論で弱者から搾取してきたのが人間の歴史であり文化だったりするわけです。

「升さん、田中正造っていったい何者なんでしょう。弱者なのか、強者なのか、搾取する側なのか、される側なのか……」

田中正造は栃木県の名主のお坊ちゃんで、明治時代に衆議院議員になれた人物です。ただし、自分は百姓であることをつねに旨としていたようです。

IMG_1519a.jpg
名主の家に生まれ育ったという田中正造の生家。栃木県佐野市小中町


「升さんは他人は利害と恐怖でしか動かないと言いましたが、田中正造を動かした足尾銅山の鉱毒被害は恐怖ですか、それとも利害ですか? 鉱毒は害ですが、田中正造自身にふりかかる恐怖でも利害でもない。自分は裕福なのに弱者のためにわざわざ泥を被ったということでしょうか。現在の価値観からしたら、どうかしてるんじゃないかと思われかねません」

田中正造は1901年(明治34年)に議員を辞職し、その年の12月に東京の日比谷で明治天皇に直訴しようとして失敗。狂人扱いされ釈放された。その後、貯水池(現在の渡良瀬遊水地)になる予定の栃木県谷中村に住み始め、強制廃村のあとも住み続けた。1907年に強制退去。最後は地位も金も失って、農家の庭先で生き倒れ状態になり、その農家で亡くなった。最後に所持していたのは、小石3つ、日記、聖書などだけ。

田中正造の行動は、現在の価値観や学校教育上にとっては好ましくない人物でしょう。裕福な家の娘や息子、また偏差値が高い「順調な子」が田中正造を見習ったら親は困るはずです。世の中の先生たちが、倫理的、道徳的で人に尽くす人物になるための教育を始めたら、進学塾も予備校も、東大もビジネス的に崩壊です。経団連も霞ヶ関のお役人たちも怒り狂うでしょう。


明治時代を内部告発

日本でも内部告発した労働者を保護する法律(公益通報者保護法/2006年施行)ができました。悪事をはたらく公務員や警察の上司、会社の重役の行為を告発したあと、告発者が(和を乱したとして)ひどい目にあわされるから、告発者を保護する法律です。つまり、悪事を告発した人は組織内で潰されてきたのです。内部告発は善を成し悪を敗るはずなのに、善が悪に連敗していたのが日本社会ということになります。

田中正造は富国強兵の道を突き進む明治国家そのものを内部告発した人物です。だから狂人扱いされたり、投獄されるなど、ひどい目にあわされた。

「升さん、田中正造は面白そうですね。足尾銅山に行きましょう。渡良瀬遊水地も見てみたいです。将来の霞ヶ浦も渡良瀬遊水地と同じような運命にある気がして、この目で確かめたいのです」

宮城教育大学の学長だった林竹二氏は1976年に出版された著作『田中正造の生涯』の冒頭で記しています。
------------------------------------------------------------
 1962年に『思想の科学』が、歿(ぼつ)後50年を記念して、田中正造を特集したときには、田中正造は一般にほとんど忘れられていた人であったが、今日では彼はひどく有名な人物にされてしまった。だが、それは公害問題が喧(かまびす)しくなったおかげで、けっして田中正造がよく知られるようになったわけではない。田中正造は今日でも依然として知られざる人である。田中正造は、小説や劇作家には好個の題材であるのに、その研究は乏しい、これはどうしたことだろうか。
 (中略)
 彼は議会入り早々鉱毒問題に出会った。彼は被害者が鉱毒のために滅びることを救うために、ひとすじに鉱毒停止を求めて戦った。十年そのために議会で奮闘した。だが無駄だったのは、それが鉱毒問題を通して正面から明治国家に対決する行為であったからである。(引用終わり)
------------------------------------------------------------

田中正造は教科書に取り上げられる人物になり、足尾銅山の鉱毒問題への取り組みが評価されるようになった。しかし、依然として知られざる人物である、と林氏は出版当時に感慨を述べている。

その頃の日本社会は、水俣病など公害をめぐる裁判や議論が盛んになり、田中正造がクローズアップされた。しかし、彼がしたことの意義についての研究や、科学的な評価はなされなかったようだ。次回、いよいよ足尾銅山に向けて出発します。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。