釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第9回 足尾・渡良瀬(4)銅山の坑道に突入
足尾の下流にある草木ダム

群馬県の桐生市街地の先で国道122号線は進路を北向きにして足尾銅山に向かいます。足尾の山々に向かう途中で、私たちは渡良瀬川の草木ダムに降り立ちました。ダムは日本中どこにでもあります。このダムは首都圏から近いのに観光施設が少なくあまり知られていません。

IMG_1537b.jpg

吉田さん、この草木ダム湖は釣り場として成り立っているのですか?
「足尾銅山から15kmほど下流の渡良瀬川にダム湖があることは釣り雑誌でも紹介されたことがないと思います」

吉田さん、現在は鉱毒は流れ込んでいないはずです。ミネラルが強くてプランクトンの発育が悪いということで、エサがないから魚もいない、放流しても定住できないのでしょうか。

「こういうときは支流や上流を観察するのが釣り人です。地図で地形を読んで、山の高さから水面までの角度で日差しや、木の種類をイメージします。広葉樹林なら葉が落ちて土壌のミミズや昆虫の幼虫が多いのでエサの多様性があります。緩やかな斜面ならエサは少ないけど常時ダム湖に流れ出し、急斜面だと雨水に左右されます。植林による杉のような針葉樹林だとエサが少なく、まして岩肌が露出して土砂流のある場所はエサがない。水中に藻があれば代謝で酸素供給しますから溶存酸素が多くプランクトンや甲殻類も多いので稚魚が成育しやすいのですが……」

果たして、草木ダムはどうでしょうか。

「調べると、渡良瀬川の上流には液状の廃棄物を貯蔵しておく大規模な堆積場が少なくとも2ヵ所あります。写真を見ると水面が赤錆びた色をした堆積場(ダム湖)でした。その下流にある草木ダムでいい釣りは期待できそうにありません」


江戸から昭和へ
363年の歴史


栃木県足尾町の歴史は銅の採掘で成り立ってきた。江戸時代になってすぐの1610年(慶長15年)に銅の鉱脈が発見された。そして、足尾は江戸幕府の管轄下におかれて、幕府の代官が赴任しました。

銅の採掘と製錬が盛んになり、最盛期には年間1200トンの銅を産出しました。江戸時代中期には足尾千軒と呼ばれるほど繁栄しました。ところが鉱脈を掘り尽くした後は衰退して、幕末には見捨てられた山として放置されていたのです。

1877年(明治10年)に古河市兵衛が銅山を買い取り経営を始めた。先進的な技術と設備が導入されて、新しい鉱脈が発見され、生産量が急速に伸びて1884年(明治17年)には銅の生産量が日本一になり、1890年(明治23年)には日本の銅生産の25%を占める銅山になります。

その後も鉱脈が発見され続け、大正時代以降も発展が続きます。1916年(大正5年)に足尾の人口は宇都宮市に次ぐ3万8千人に達した(栃木県で2番目の町)。

戦後の1961年(昭和36年)に、銅の貿易自由化が決まり、海外から輸入できるようになり国内の鉱山は経営難になる。やがて産出量の減少とコスト高により、1973年(昭和48年)2月28日に、足尾銅山は363年にわたる銅採掘の歴史を終えたのです。

日本の鉱業は富国強兵という国策に財閥が関わり確立した。植民地政策を推進する欧米の事情を知った江戸末期から明治にかけて発展し、太平洋戦争敗戦まで日本の主要産業だった。

敗戦後に学生運動が盛んだったころ、財閥を政商と呼んで非難することがあった。政商には、徳川幕府の特権商人で明治維新のあとも続いた三井、住友、鴻池と、明治期の動乱で商才を発揮した岩崎(三菱)、安田、藤田、大倉、浅野、古河、川崎と、明治政府の官僚から転じた渋沢、五代のタイプがある。

これらの財閥の多くは現在も企業グループとして存続しています。ときおり政商よばわりされても仕方ないように財界、官界、政界との癒着が事件になります。創業者の苦情(難儀な事情)を学ばないまま、現代の経営者が己の強欲に心を奪われると手錠をかけられてしまうのです。社員を勉強させない会社は立ち行かなくなります。


銅山による公害

足尾銅山は渡良瀬川の渓谷にある。周りの山々の木は坑内の崩壊を止める坑木の材料にするため伐採された。鉱石を精錬するときに発生する亜硫酸ガスが、大木の伐採で風雨に抵抗力を失っていた低間木や下草を枯れさせた。根が絶えたため雨で山の土が流されてしまった。根と土で覆われ安定していた岩石部が露出して、風雨降雪、凍結融解が繰り返され岩山が浸食された。

鉱山から掘り出された銅など鉱物資源が含まれていない石(ゴロタ)と精練後の石(ボタ)は渡良瀬川支流の渓谷、山裾野、わずかな麓の暖斜面に打ち捨てられた。豪雨にならなくても土石流が発生するようになり下流域の洪水の原因になった。山が荒れると土石流が発生し、下流域が洪水に見舞われるという実験は、ここで充分に証明されていた。

しかし、当時の政府も古河鉱業も、環境学という未知の学問には気がつかなかった。それどころか、台湾動乱、日清戦争、日露戦争という勝たなくては国が滅びるような戦争が続き、連戦連勝が求められていた。古河鉱業は国家国民の利益のために山を堀り続けなければならなかった。

銅山の生産量が増えつつある1880年(明治13)くらいに、渡良瀬川の魚が死に始め、農業のかたわら魚を獲る農民たちが不安の声を上げ始めたそうです。やがて渡良瀬川周辺の農作物に発芽抑制、生育不順、立枯れという被害が出始めた。

土石流をともなう頻繁な洪水を渡良瀬川の流域農民は経験したことがなかった。上流にある足尾銅山に次々と鉱脈が発見され、鉱石の処理量が飛躍的に増えたことが江戸時代との違いだった。

たび重なる渡良瀬川の氾濫によって、農作物への被害が下流の利根川流域にまで拡大した。飲み水など生活用水に土石流で流されてきた銅の鉱石に含まれる硫酸銅、亜鉛、カドミウム、ヒ素などが含まれ、ヒトの細胞に必要以上のミネラル(無機塩類・鉱物質)が住民の健康に慢性的な影響を及ぼし始めた。

栃木県は渡良瀬川での漁獲を禁止した。吾妻村は1889年(明治22年)銅山の採掘停止を上申した。このころ栃木県選出の立憲改進党代議士だった田中正造が、帝国議会でこの問題を取り上げて世論に訴えはじめた。

銅鉱石は粉々に砕いて溶鉱炉で加熱して銅を溶かし出す。これを粗銅といって銅以外の物質が含まれているため、まだ良質な銅ではない。この粗銅を電気で精練すると純粋な銅ができる。

粗銅を取り出したあとに残った石には、銅とともに含まれていた物質が含まれている。副産物として経済的に役立つものと不用なものが出る。白金、金などは金目のものであるが、それ以外の物質は、川に流す、海に捨てることで解決していた。不用な物や都合の悪いことを水に流してしまうことは、今の日本人にも庶民的な感覚として残されている。

公害のことは社会の先生が教えることではない。公害は理科であり化学(科学)の先生が教えるべきである。社会の授業で公害を扱うと加害者と被害者の事態ばかりが先走り感情論で済まされてしまうからだ。公害の本質を理解するには科学的アプローチが必要です。


足尾銅山の坑道に入る

渡良瀬川には「渡良瀬遊水地」という湿原とアシ原が広がる広大な人造湖と、渓谷をせき止めた「草木ダム」という人造湖が、同じ川にあることがわかります。遊水地付近の下流部は鉄道、高速道路、国道の整備によって拡大した首都圏に取り込まれつつあります。現在の渡良瀬遊水池は市民の目には単なる「自然公園」に映っているのでしょう。かつてあった谷中村が潰された史実を知る人は少ないのです。

「足尾に向かって走っているのに、さきほどから、道路標識に足尾という地名が出ないことが不思議です。国道122号船の大間々町あたりからようやく足尾の標識を目にするようになりました。あれほど大規模な公害、それも日本で初の公害発生地として教科書にも出てきて、誰でも知っている地名なのに不親切ですね」

地図上でも足尾銅山はかなり拡大図にならないと表示されません。臭いものには蓋をする、です。

「しかも足尾銅山は日光、いろは坂、中禅寺湖の近くですよ。有名な観光地のこれほど近くに足尾銅山があるとは思いませんでした」

IMG_1589b.jpg

足尾銅山に到着すると、わたらせ渓谷鉄道の通洞駅近くにある「足尾銅山観光」のトロッコに乗り込んだ。トロッコは通洞坑の坑内に入り、100mほど進んだトンネル内で私たちを降ろすと、引き返してしまった。坑内に取り残されたようで心細い。

IMG_1544b.jpg

IMG_1594b.jpg

坑内はかつて鉱夫が堀り進んだままです。岩盤には掘削機の歯跡が残っていました。岩盤のあちこちから地下水が流れ出ていて、観光用の鍾乳洞などとは比べ物にならない現実的な恐ろしさ迫ってきます。

もはや含有量は少ないとはいえ銅鉱脈の石壁なので、硫酸銅によるマリンブルー、酸化銅の緑青、酸化鉄の褐色などが薄暗い電球に照らし出されていました。そして、とにかく狭い。腰を屈めて進まなくてはならない。坑道を歩いていると、落盤の恐怖が襲ってきます。早くここから出たい……。

IMG_1562b.jpg



スポンサーサイト

第8回 足尾・渡良瀬(3)イヌはどこから来たのか?
前回は足尾銅山に向かう途中で、渡良瀬遊水地に立ち寄りました。明治政府の工業化という国策と対決してしまった田中正造について、足尾銅山の経営者だった古河市兵衛について学びました。そして鉱毒の被害が下流に広がることを食い止めるために建造された渡良瀬遊水地と、その時に沈められた谷中村の跡地に立ちました。

現在の渡良瀬遊水地は、野鳥の宝庫などと呼ばれると同時に、広大な憩いのスポットになっていて、イヌの散歩をする多くのヒトで賑わっていました。足尾銅山に向かう車中で私と吉田さんはヒトとイヌについて考えました。イヌはいつどのようにして日本に入ってきたのでしょうか。


ヒトに従属するオオカミ

「升さん、イヌはいつごろからヒトと暮らし始めたのですか」

ヒトとイヌが一緒に暮らしていた証拠として、アラスカの遺跡からイヌの骨が見つかっています。一番古いものは約2万年前のものです。イランの岩場にあるイヌの壁画は1万2千年前に描かれたそうです。アメリカ、パレスチナ、ドイツなどの遺跡からは約1万年前のイヌの骨が発見されています。

「イヌはオオカミが家畜化されたものだと聞いたことがありますが、それは本当なんですかね」

アフリカ大陸のほぼ中央に生息していた中型霊長類ヒトは、二足歩行を始めて、やがて集団で狩りをするようになりました。集団で狩りをする動物はリカオン、ハイエナ、オオカミなどがいます。ハイエナはジャコウネコに近い夜行性の動物で、死んだ哺乳類や鳥類の腐肉を食べますが自分たちで狩りもします。

ジャッカルはイヌ科で、ハイエナのように腐肉を食べたり、小動物、果実、甘蔗(サトウキビ)なども食べる、現在のイヌに似た雑食性です。リカオンは巣穴で生活して、夜に数十頭の群れでインパラなどの有蹄類を捕食するので、オオカミに近いのかもしれません。

ところが、リカオン、ハイエナ、ジャッカルの集団とオオカミの集団には違いがあります。オオカミ社会には順列があるのです。

「それはヒトの序列みたいに?」

私は動物行動学について詳しくありませんが、オオカミもヒトも同じようなフィールドで同じような獲物をねらって、それぞれ狩りのときの集団に序列があるそうです。

「まさか、オオカミの狩りの行動を観察して、ヒトが狩りの技術を身につけたとか。もしそうだとすると、ヒトの序列社会はオオカミに学んで習得したことになる……」

面白い仮説ですね。吉田さんの説とは逆になりますが、ヒトが得た獲物をオオカミが分けてもらい、やがてヒトに飼い慣らされて、ヒトの狩りに同行する生き方を選択したオオカミがいた、それがやがてイヌになったと考えるべきでしょう。

「あるオオカミの集団か、ある1頭がヒトから獲物の分け前をもらうようになって、自分で狩りをするよりヒトの狩りに協力して分け前をもらうほうが生きやすいと思ったと?」

あくまで推測ですが、それが狩猟犬の始まりではないでしょうか。ヒトに媚びない野生のオオカミもいたけど、ヒトに慣れて従ったオオカミもいた。ヒトに従属しなかったオオカミは、大和朝廷に従属しなかった先住日本列島人のように、やがてはヒトに滅ぼされてしまう。絶滅した日本オオカミみたいに……。

オオカミは地球上から絶滅しそうになっています。ヒトに従属したオオカミがイヌになって生き残り、野生のオオカミは絶滅においやられてしまうことを考えると、イヌの命を救う獣医として複雑な気分です。


可愛がるのも殺すのもヒトの都合

シェパードやハスキーの体型はオオカミに似ています。昔はオオカミが北半球全体を覆うように広く生息していたのに、西ヨーロッパ、中国の大部分、日本では絶滅しました。オオカミは家族単位の集団で生活していて、シカも食べるし、ネズミなど小動物も食べていたらしい。日本の本土産オオカミは小形系のオオカミで、ヤマイヌとも呼ばれていたのですが、1905年くらいに奈良県を最後に姿を消しました。大型の北海道産オオカミ(別称エゾオオカミ)も1895年くらいに絶滅したそうです。

「オオカミに衣」ということわざは、うわべは善人らしく装いながら、内心は凶悪無慈悲なことのたとえで、一匹オオカミとは独りで行動する人ということです。

イヌには「犬骨折って鷹の餌食になる」という慣用句があります。鷹狩りで犬が苦労して追い出した獲物を鷹に横取りされることから、労して得た物を他人に奪われることです。

「イヌも歩けば棒にあたる」は、物事を行なう者は時に災いにあう。また、やってみると思わぬ幸いにあうことですね。本当の意味は前者の災いにあうということでした。あまりよい意味ではありませんね。

「イヌの川端歩き」は、いくら歩き回っても何も得るものがないこと、また、金を持たずにぶらつくことのたとえです。

ヒトはオオカミから狩猟を習い、オオカミはヒトと暮らしてイヌになってくれたのに、イヌ死に、イヌも食わない、イヌの論語といった言葉もあります。吉田さんは愛犬ジャッキー(ゴールデンレトリバー)を決してイヌ何々というような扱いはしないで、互いに感謝と尊敬をもって家族の一員として暮らしてきました。プロアングラーは狩猟民でありイヌはパートナーです。

「升さんこそ獣医だからイヌはパートナーでしょう」

吉田さんが言うことはもっともですが、実は私はその意義を失ってしまい苦しい思いをしています。私の人生はイヌの川端歩きみたいな状態なんですよ。というのは、捕獲された野良イヌや実験用に育てられたビーグルを動物実験に使って、ヒトに都合のよい薬品や治療のノウハウを得たら殺処分してしまう、ということを過去にしてきたからです。

私は自宅で飼うイヌを可愛がる一方で、医療と薬品の仕事ではそんなことをしていたので、矛盾を感じてきましたし、自分に言い訳ができません。自分にうまい言い訳ができると、出世できるのかもしれません。獣医も診療ミスをして黙っていたり、隠していても仕事が続けられるのは、自分に言い訳ができる能力があるからだと考えてしまいます。

「つまり、ヒトのためになるなら可愛がり、ヒトのためにならないなら殺しても仕方がないということですか?」

漁師は売れる魚は売り、売れなくても食べられる魚は自分たちで食べます。なるべく捨てない。日本の淡水域は面白いことに、明治以後に入ってきた外来魚でも、売れる魚は売るし、美味しい魚は食べ物として流通させています。ブルーギルやアメリカナマズなどは美味しくないと思って、釣れたら地面に投げ捨てる釣り人も多いようです。食べたら美味しいのに調理がめんどうだから捨ててしまうこともあるようです。

「釣り人として苦しいところです。釣ったあと不要だからと岸に捨てられて無意味に殺される魚をいくらでも見ます。升さんと同じように自分でも答えが出せないで考えてしまいます」


日本列島は移入種だらけ

「升さん、イヌはいつ頃から日本列島に入ってきたんですか」

わかっているのは縄文時代の縄文犬です。神奈川県の夏島貝塚から発見されたイヌの骨は、9500年前のものと推定されています。ちなみに、ウシ、ウマ、ニワトリは弥生時代に朝鮮半島からもちこまれた外来種の家畜です。ヤギは15世紀に琉球から島伝いに九州に達して広がったようです。もちろんヤギが島伝いに泳いで生息範囲を広げたわけではありません。ヒトが舟に乗せて運んだのです。

ウシはオーロックス(ウシ科の絶滅種。家畜化されたウシの先祖)を起源とするユーラシア型と、コブウシ(インド牛)を起源とする東南アジア型に分けられます。鹿児島県南部と奄美諸島との間にあるトカラ列島を経由したトカラウシ、朝鮮半島から日本列島に運び込まれたミシマウシ、明治時代にヨーロッパから外来したウシ、それらを交配改良して黒毛、褐(アカ)毛、無角和種、日本短角の4種類の和牛を作りました。面白いことに山口県見島の見島牛(ウシが日本に渡来した頃の面影を残す)は、なぜか在来種として天然記念物になっています。ほほえましいことです。

「イヌはウシやウマよりずっと大昔に大陸からヒトとともに日本列島に入って来たのですね。日本列島の生き物は海外から外来した種だらけですな」

ヒトの遺伝子は約30億文字で構成されていますが、この解析はほぼ終了しています。つまり、吉田さんはどこから渡って来たのか、どんな部分に先住日本人の遺伝子が引き継がれているのか、などが分析できるようになります。ほかの生物も同じような手段で遺伝子を調べられます。

今までの伝統的な生物学によっては、生態、形態、発生、分類など、その魚がどこからきたのか、日本列島の固有種として認める条件は何か、などが曖昧でした。ところが遺伝子で調査をすると、この魚のツールは今から何年前にどこから入ってきたのか、などが分かるので、今日本にいる生き物を排除する基準を作ることができます。

もしもヒトの遺伝子を調べて、ある部分だけを強調すると人種差別が起きてしまうでしょう。私が絶対にやめてほしいと思っている研究は、ヒトの性格を遺伝子で分類することです。

「そこから差別が始まって、いじめ、排除、暴力、殺せ、ということにつながっていく。外来魚の駆除とか、リリース禁止とかも、升さんは差別から始まっていると?」

そうです。サメが生き延びるためにほかの魚を食べたり、ヒトが食われたりするとジョーズ呼ばわりされて、殺せ! 駆除だ! 撲滅だ! となります。もともとサメはただ生きているだけですから、ヒトの支配的意識が差別を生み出しているのです。もし、サメがヒトからエサをもらって可愛く尻尾を振る芸達者な生き物だったらどうでしょう? たぶんヒトのパートナーとして大切に扱われたことでしょう。とにかくヒトは御都合主義なのです。

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。