釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第10回 足尾・渡良瀬(5)外来種で山の緑を再生
坑道を見学する

銅山の坑内は、薄暗い電球に照らし出され、壁や天井から地下水が染み出し、とにかく狭い。腰を屈めて進むうちに、無意識から恐怖がわきあがってくるのでした……。

「升さん、こえれは怖いですね。閉所恐怖症の人には坑道は無理ですよ。いま巨大地震が来たら崩れるんじゃないの……」

ここは金属の鉱山なので、石炭の坑道に比べると落盤は起きにくいし、火災も少なかったと思います。石炭の炭坑は天然ガスなど着火しやすいガスが出てくるし、石炭の粉も燃えやすいので事故のリスクが高かった。

足尾の銅鉱石から出るのは金、銀、プラチナです。石炭を黒いダイヤと呼ぶのとは違って文字どおり金目のものです。

「金目のものが出続けたから360年間も鉱山が続いたわけですね。石炭は燃やしたら終わりだけど、足尾から掘れるのは未来永劫使われる金銀銅です。僕が子どものころは、炭坑で落盤事故や火災やガス中毒の事故が起こりました。そして、坑内の火を消すために地下に坑夫が残っているのに坑道を閉鎖して酸欠にしたり、水を注入するという悲劇があり、テレビのニュースでは坑夫の家族が泣き叫ぶ姿が報道されていました。だから鉱山には恐ろしいイメージがあるんですよ」
IMG_1569b.jpg
足尾銅山の坑道は総延長で1200kmにもなる。狭い部分は四つんばいで進むしかない

世の中の仕事のうち石炭坑夫は最も危険度が高い部類に入るのはまちがいないでしょう。太平洋戦争中には日本の企業が中国大陸や朝鮮半島の人たちを強制労働で坑夫にしました。徳川幕府のころは罪人が坑夫でしたが、働いていたのは金山、銀山、銅山です。石炭を掘るようになったのは明治になってからです。中国や朝鮮半島の人たちは強制労働のことを忘れていません。平和時に起きた北朝鮮政権による日本人ら致が問題になるのと気持ちは同じでしょう。

「自由を奪われた人たちは代々にわたって相手を恨むでしょう。釣り人もバスを殺す条例を作った時代の滋賀県知事を、彼が知事を辞職しようが辞世しようが恨み続けるでしょう」


始末ということ

暗く湿った坑道から脱出すると、明るい空がむかえてくれた。思いきり背伸びができるありがたさ……。

私たちは渡良瀬川の上流を目指した。途中で、わたらせ渓谷鉄道の足尾駅の近くにある、古河(足尾銅山の経営会社)の迎賓館「掛水倶楽部」に寄った。この館は建築されてから100年以上経っており、古河機械金属が福利厚生施設として使っていた。さびれた足尾駅と、さきほど歩いた坑道と同じように、迎賓館はまるで映画のセットのように見えた。

IMG_1596b.jpg
迎賓館「掛水倶楽部」


迎賓館というわりには質素で小さな洋館なのは、古河鉱業の経営者、古河市兵衛の姿勢でしょう。坑夫の目の前で豪華絢爛な鹿鳴館のような特権階級を連想させる建物は始末が悪いと考えたのでしょう。

「始末ですか?」

はい、京都人(古河市兵衛)は始末を大切にします。例えば、間引き菜です。人参や大根の種を多めに播いて菜っ葉になるまで育てます。大きくなりそうなものだけを残す間引きをしますが、間引きした菜っ葉は捨てないで漬け物にしたりします。無駄にせず、食べて始末するのです。ケチではありません。野菜、穀物、魚、肉など食材や家財となる動植物のお命を大切にする姿勢が「始末」です。

「京都ではそうするのですか。では、琵琶湖の外来魚を駆除するような条例や、リリースを禁止してゴミ箱に捨て去ることは京都人の道筋には反するのでは。滋賀県知事が琵琶湖でやってきたことはおかしいんじゃないですか」

京都人は始末がよろしい。古河市兵衛が若いころ奉公した井筒屋さんも京都人として始末がいい。足尾の迎賓館には京都人古川市兵衛のセンスのよさが現れているのです。

釣った魚のリリースを禁止して生き物をゴミ扱いして捨てる。そうした野暮ができる滋賀県知事は始末がなってない。京都の人たちは琵琶湖疎水(琵琶湖から京都市に通じる水路)を大切にしてきました。ところが、滋賀県は工場を誘致して人口を増加させる県政を推進したので、下水処理水を琵琶湖に流すという不始末をしでかしているのです。自分たちが近江人であることを忘れ、文化財になりえるアールデコ建築の小学校を解体しようとし、近江商人の気概や文化も放り出してしまったように思います。


外来種を活用した緑の復興

わたらせ渓谷鉄道の足尾駅から3kmほど奥地に進むと、古河鉱業の製錬所の廃墟が見えた。鉱夫の宿舎だった一群の家屋跡は風雨にさらされ、ゴーストタウンのような光景です。もちろん映画のセットではありません。

IMG_1661b.jpg
旧製錬所跡。巨大煙突から吐き出された亜硫酸ガスで、山々の木々は枯れ果てた。坑道からの地下水が流れ込んでいるのは、渡良瀬川

巨大な煙突からは、かつて銅を精錬する過程で発生する亜硫酸ガスを排気していました。日本の工場地帯は発生した物質のリサイクルや無毒化処理が徹底していることから煙突が少ないと言われます。しかし旧製錬所の煙突は実に見応えがあり、どこか懐かしさすら感じます。廃墟となった製錬所の真下で、坑道からの水が滝のように流れ出していました。奇妙な静けさのなかで、そこだけ水音が轟々と響いていました。

目線を周囲の山々に向けると、エニシダにそっくりな豆科植物の黄色い花、ニセアカアシアの白い花が咲き乱れ、空気が甘い香りに染められていました。まるで自然公園のような雰囲気ですが、ここは公害の痕跡地です。それを無視したように「日本のグランドキャニオン」やら「エアーズロック」と称しているようですが、この禿げ山の惨状は自然の成り行きではなく、人間の行為の結果であることをごまかしてはいけません。
IMG_1603b.jpg

足尾では、鉱山そのものは江戸時代のスタートから約400年後の1973年に採掘が終了されました。その後も、銅の製錬は輸入銅鉱石を足尾まで運んで続けられました。輸入鉱石は国鉄足尾線で運ばれていましたが、1989年に国鉄民営化にともない廃止、第三セクターの「わたらせ渓谷鉄道」になり、製錬所の息の根は止められたのです。

長年にわたり製錬所の煙突から吐き出されてきた亜硫酸ガスによって、周りの山々の木々は枯れ果てました。木々が死滅した山肌からは風雨で土が流れ下り、岩肌がむき出しになった荒涼とした風景になりました。

山肌に土と植物を根づかせる緑化事業は、製錬所に亜硫酸ガスの除去装置がつけられた1956年から本格化したようです。まず、土、肥料、堆肥とイタドリ、ススキ、ヨモギ、ケンタッキー31フェスク、ウイーピングラブグラスなどの草の種子を混ぜ、それを麻袋に詰めた「植生袋」がハゲ山に貼りつけられました。そこから発芽して下草として根付いたところに、ニセアカシヤ、ヤシャブシ、アキグミ、イタチハギの苗を植えて山林の再生が試みられています。

足尾では外来種の帰化植物を活用して人の行為に始末をつけている。足尾銅山(古川市兵衛)は水力発電といい、電話といい、帰化植物といい、海外から導入した物事とのつきあい方が上手い。


砂泥がたまったダム

今は鉱山、製錬所、宿舎は廃墟になっているが、昔ここで働いていた人たちなのだろう、夕暮れどきに銭湯に向かう老夫婦や、イヌと散歩する老人、立ち話に花を咲かせる人たちに接することができた。鉱山の憩いの夕暮れは、閉山した今もなお荒涼とした景色のなかで息づいている。ここに住み続ける年老いた元鉱夫からしてみれば、今さらサービス業の嵐が吹き荒れる日本経済のまっただなかに身を晒すことは本意ではないのかもしれない。
IMG_1680b.jpg
今は住む人のない足尾銅山の宿舎。かつて禿げ山になった裏山は、ニセアカシヤといった外来植物を利用して緑の再生事業が進められている

かつて命をかけて日本国民の文化的生活を根底で支えた足尾の鉱夫たちは、世間から「公害」と位置付けられ用済みとして放り出されたハゲ山に、ともに働いた戦友たちの面影を想いうかべているにちがいない。山の緑が再生してゆくにつれて、彼らの脳から戦意に満ちあふれた若い日々の記憶が遠ざかるだろう。日本の都市生活を根底で支えた足尾とそこで働いた人々を思うと、今でも足尾の廃墟は充分に輝かしい存在です。都市生活をする現代人は、足尾に後ろ指をさすことがあってはならないし、その資格もない。

製錬所からさらに1kmほど奥地に進むと、谷間に日本最大級の堰堤(足尾砂防ダム)が。「七段の滝」とあるが、砂防ダムを7連続させた人工的な風景である。堰堤の上流側は、禿げ山から流出した土砂が堰堤の高さまでダムを埋め尽くして、平原になっていた。この平原で3つの流れが合流して、渡良瀬川の起点になっていた。
IMG_1640b.jpg
足尾砂防ダムの上には土砂がたまってできた平原がある。まるで三途の川のような風景だった。この水は渡良瀬川と利根川を経て太平洋と東京湾に注いでいる

地図を見ると足尾から5kmほど北に、日光の中禅寺湖がある。かたや日本を代表する観光地で毎年大勢の観光客が訪れる。すぐとなりに世の中から忘れ去られたように足尾の山々があるのです。
IMG_1631b.jpg

私たちは砂防ダムの平原に降りて、川のほとりに佇んだ。
「まるで三途の川にいるような感じですね……」と吉田さんは率直な思いを語った。足尾の山々から始まる流れが渡良瀬川になり、渡良瀬遊水地を経由して、皆さんが釣りを楽しむ利根川に合流する、そして、銚子から太平洋に注ぎ、一部は江戸川から東京湾に注いでいます。

もともと東京湾に注いでいた利根川の流れを、現在のように銚子から太平洋に注ぐように工事したのは徳川家康が始めたとされていますが、本格的な工事は明治政府のしたことです。鉱毒のリスクを東京から遠ざけるために、別の地域がリスクを被ることになったわけです。この大工事をきっかけにして、玉突き事故のように改変工事をせざるを得なくなり、現在の霞ヶ浦の姿に至っているのです。

松木沢の砂防ダムから足尾駅まで戻った私たちは、妙な疲労感に襲われ身体が重かった。山を下ろう……。
私たちは来た道を戻るのではなく、国道122号線で日光方面に向かった。清滝ICから日光宇都宮道路に入り、東北自動車道を経て、霞ヶ浦に帰ることにした。現在の霞ヶ浦の諸問題について考える際に、足尾銅山のことを知らなければ何も始まらないことがわかっていただけたでしょうか。

IMG_1599b.jpg
IMG_1671b.jpg
IMG_1606b.jpg
IMG_1612b.jpg
IMG_1649b.jpg
IMG_1674b.jpg



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。