釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第11回 日本列島の釣りに4000年の歴史あり
●アウトバーブの釣りバリ

日本列島にヒトが生きるようになったのは、縄文時代(紀元前1万4500年〜紀元前1000年)からだとされてきました。しかし、各地で石器が出土して、旧石器時代の約3万年前から先住民がいたことがわかってきました。その先住民から脈々と培われてきたのが、生きる手段のひとつである魚釣りです。

先住民から僕らに受け継がれた日本の魚釣りは、中国よりは歴史が浅いけれど、3500〜4000年の歴史があるそうです。先住民によって磨かれてきた技を伝え残すことも私たちの仕事だと思います。

茨城県ひたちなか市にある「虎塚古墳」のとびらを素手で開け、九州から常陸に渡って来た豪族たちの営みを発見した人がいます。「ひたちなか市埋蔵文化財調査センター」所長の鴨志田篤二さんです(役職はバサー誌掲載当時のもの)。

霞ヶ浦の周囲には、古墳や貝塚などが多数あって、貴重な資料がたくさん出土しているのです。「埋蔵文化財調査センター」所長の鴨志田さんに会いに行き、涸沼(ひぬま)から霞ヶ浦にかけての埋蔵文化財について教えてもらい、霞ヶ浦の釣りの歴史を探りたいと思います。

まず見せてくれたのが、数千年前に実際に使われていた骨角製の釣りバリです。遠い過去の人が骨や角で手作りした釣りバリを掌に乗せたとき。吉田さんの身体に電流が走り、数千年前の釣り人の魂が体内に宿ったような不思議な気持ちになったそうです。
DSC_8078b.jpg
「1982年に僕(吉田)がバスプロ宣言をしたときも、自分が生まれ変わったような気持ちになったけど、骨角製の釣りバリを手にしたときも、数千年前にこの釣りバリで魚を釣っていた釣り人が確かに生きていたという感動がありました。その男性はこのハリで釣った魚で家族を養っていたと想像します。そこには生きるよろこびがあったはずです」。
 
ハリをよく見ると、アウトバーブになっています。アウトバーブはなんと3500年も前に日本で作られていたのです。ハリのサイズもさまざまあり、対象魚に合わせて作り分けていたのでしょう。埋蔵文化財調査センターには、全長21mmの小さなハリから、85mmの大きなハリまでありました。アウトバーブより昔、約4千年前には、内カエシのついたハリが存在していたとのこと。私たちは4000年前の茨城にいた釣り人を尊敬します。

人類の歴史の99%以上を占めるのは、飢えに直面する狩猟採集社会です。釣りバリに創意工夫の知恵が見られるのも、生き延びるために食糧を確保する必要に迫られてのことでしょう。


●内カエシからアウトバーブまでの500年を考える

吉田 鴨志田さんが説明してくれたように、旧石器時代の日本には、北からも狩猟民が南下してきていたんですね。

升  はい。旧石器時代のヤジリなどの石器は北海道の日高山脈でしか採掘できない黒曜石で作られています。それが群馬県の岩宿で相沢忠洋さんという研究者によって発見されたのです。つまり北海道と人の行き来があった。

また、南からもサヌカイトと呼ばれる讃岐石を使った石器を持ったヒトたちが北上していました。静岡県沼津市からは彼らが獣を追い落とすための巨大な落とし穴が見つかっています。

南北2つの方向から来たヒトたちは、ちょうど関東から静岡あたりで交流があったはずです。霞ヶ浦がまだ海だったころの話です。きっと言葉は上手く通じなくてもいろいろな物や技術を交換したと思います。釣りバリ、ライン、釣りの情報交換を霞ヶ浦の水辺でもやっていたはずです。
DSC_8125b.jpg
吉田 この釣りバリが作られてから3500から4000年の時が流れても、彼らと僕らはやっていることが基本的には変わってません。日本では四千年前にも釣りが盛んで、60cm級のクロダイや、1mオーバーのシーバスを釣りあげる凄腕もいたんじゃないでしょうか。

升  釣りは女性の日課だったと推測する学者もいます。男たちは山に狩りに行き、女たちは木の実集め、質素な農作業、そして釣りです。男たちが獲物を捕れなくても、家に帰ると母ちゃんが釣った魚や、炊いた木の実で夕食の団らんです。

吉田 4000年前の内カエシのフックから、3500年前のアウトバーブのフックまで500年の開きがあります。2005年の500年前は1505年ですから思えば大昔ですね。

升  500年前といえば、ヨーロッパはルネッサンスで、巨匠のレオナル・ド・ダビンチとミケランジェロが活躍していました。日本は応仁の乱の後で、世の中が乱れていました。戦国時代の直前です。大昔ですね。

内カエシのフックからアウトバーブのフックが出現するまで500年を必要としたと考えると、とても緩やかに技術が発達しているといえるでしょう。私たちは急ぎすぎているのかもしれません。アウトバーブのフックが3500年前に日本列島ですでに使われていたことにも気づかなかった始末の悪さです。
DSC_8128b.jpg


スポンサーサイト

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。