釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第12回 日本の環境論は稲作正義論
●自然を管理したいという思想

「日本人はいつから、四角い田んぼが好きになってしまったのでしょう。釣りも田んぼと同じではないかと思うことがあります」

吉田さん、それはどういうことですか?

「ひたちなか市埋蔵文化財調査センター所長(役職はバサー誌掲載当時)の鴨志田篤二さんが、僕の手に乗せてくれたアウトバーブのフックが教えてくれたのです。たぶん先住の日本列島人は釣り場所を選ぶことが上手だったと思います。魚もたくさんいたでしょう。ところが、いつのころからか、稲作民族の習性というのか、ある場所にいる魚を根こそぎ上手に釣るのことが、釣り文化になってしまった気がします。関西ではハコと言うのですが、決まった座席に座り、決められた長さのサオで、同じような釣り方で自分が振り込める水面の広さが決められていて、与えられた面積から数多くのヘラブナを釣りあげることを競うのです」

つまり、領主に与えてもらった水田から、いかに多くの収穫を得るか……、優秀な百姓とは限られた面積の土地から大地の恵みを徹底的に絞り出せる人のことです。

「現代の日本の釣りの優れた部分は、そこにいる魚を根こそぎ釣る技(わざ)が卓越していることです。しかし、広大な場所ではどこに魚がいるのか探すことが苦手のような気がします。自分で探そうとしないで、人に教わり、雑誌やテレビの情報で釣れると言われた場所に行き、そこにいる魚を根こそぎ釣ることを競い合うような釣りも多いです。自分で魚がいる場所を探すことが釣りの醍醐味であるのに、それを放棄してしまっている部分があります」

しまいには、アユみたいに養殖魚を放流して、これを人と釣り競う、河川の釣り堀化ですね。私(升)が思うには、水産学が発展したら漁師の漁は「根こそぎ漁」になってしまった気がします。農学栄えて農業滅びると農学部の先生は言いますが、無責任だと思います。水産も日本の根こそぎ漁法の開発が海外から批判されたから栽培漁業になっていき、農学のような栽培手法が漁業に浸透したら海がだめになってきました。

水産学の先生たちは分子生物学に活路を見いだして、水産物から抗ガン剤とか酵素剤が得られないかとか、免疫賦活剤、抑制剤までやり始めたら、各地で漁協がつぶれ始めました。水産学部は海や川を放り出して薬学部とか医学部のお先棒を担ぐことで自分たちの食い扶持を守っています。農学部も同じかもしれません。水棲生物を研究する理学部の海洋研究も同じだと感じます。

川や海のことを考えなくなって、田畑に立ったこともない農学の先生、漁労をしたことがない水産学の先生がいます。マグロの養殖に成功して喜ぶ水産大学がありますが、エサはどうするつもりなのでしょう。よもや肉骨粉とか農薬づけの穀物をイワシのミンチに混合して与えてはいないでしょうが……。

マグロの家畜化は海の牧場化ですから、こんなことは生態系の常識のぶち壊しですよ。ヒトとは関係なく自由に生きている生物たちの行き場がなくなってしまいます。海そのものが釣り堀になりヒトに役立たない生物は雑草扱いされてしまいます。日本人は自分たちの価値観に見合わない生き物は、雑草と同じように扱う悪いクセがあります。害虫とか害魚論の発想は自然を管理したいという無意識の傲慢であり、悪意を感じます。自然はヒトが管理するものではありません。自然はあくまで自然です。


●律令制から始まる管理体制

「升さん、日本人が大好きな管理は、いつごろから私たちの身体に染み付いたのでしょうか?」

645年の大化の改新(飛鳥時代)から、701年に大宝律令が制定されたころまでに、日本列島の各地に60以上の国がつくられました。各国に国府(役所のある都市)を置いて、国司を派遣して管理体制をつくりました。701年の大宝律令によって国司の強い権限で「戸籍の作成、田畑の支給、税の徴収」が行なわれ、この管理体制によって日本という国になったと考えています。都は奈良の平城京(710〜784年)でした。

律令制は中国大陸からの輸入品です。そもそも、日本人の多くが海外各地から移住してきた民族です。古代の日本は多民族ですから、人々をまとめる(支配する)ことは難しかったでしょう。手荒に武力を使い、律令制を導入して、仏教で縛ることで統治を進めたのです。

こうした管理意識は差別を生みます。管理は差別の母です。では、差別の父は何か? それは、あらゆる相手への支配意識です。


●琵琶湖の総合開発

支配意識といえば、滋賀県は支配意識により、琵琶湖という大切な水源地の始末を、1兆9000億円をかけた琵琶湖総合開発(1972〜1997年)などで悪くしてしまいました。その不始末をごまかすために、外来魚だ、コンクリート護岸が悪いだのと、問題の本質をすり替えてきました。京都人が滋賀県知事のやってきたことの本質を見抜いたら、滋賀県に人口抑制と近江平野から工場の立ち退きを要求するでしょう。でも、いまの滋賀県にその価値観を受け入れる余裕はありません。産業からの税収を得ないと滋賀県市町村の公務員や議員は干上がってしまいます。

「では、霞ヶ浦はどうでしょうか」

もともと海だった霞ヶ浦をいつか淡水化する、という思考の方向性は、律令制によって稲作を指向する日本人が続けてきた伝統です。日本のいたるところにあった潟は埋め立てて陸地化したり、干拓によって淡水化して、潟の水辺に水田を広げました。

そのなかで大きく変化したのが、秋田県の八郎潟です。八郎潟の干拓工事(1957〜1977年)は日本で2番目に大きな汽水湖を、水抜きして陸地(田畑)化した超ヘビー級の環境破壊です。千葉県では椿湖が埋め立てられて八日市場市ができました。

琵琶湖は内湖と呼ばれる内湾を埋めて造った水田で近江米が生産されています。日本にとって、淡水、汽水域の魚やエビのことよりも、とにかく米を増産することが、国が正しいと認める政治上の方針なのです。


●稲作が正義

皆さんが釣りをする野池は稲作のためのダムです。空海の功績だと伝えられる香川県仲多度郡の満濃池は周囲が20kmもある湖ですが、稲作のための灌漑が目的の人工物です。満濃池は自然で、長野県のダムは自然破壊だという根拠は何なのでしょう。ヒトが人力で造った池は自然で、ブルドーザー、シャベルカーを使い、コンクリートで固めたダムを建設したら環境破壊なのでしょうか。稲作をして水田由来の生物が多様になったら環境回復で、休耕田が木々に覆われて水田由来の生物が消えて森の動植物の生息域に変化することは悪いことなのでしょうか。

過疎は悪いことなのでしょうか。ヒトが都市に一極集中することは、地方ではヒト抜きでの自然が回復していいことのような気がします。現在の風潮では、稲作による生物多様性で構築される里山の食物連鎖だけが正しい環境論のようになっていますが、稲作民族よりはるか昔から日本列島にいる先住日本人からしてみれば、ツブラジイやスダジイなどブナが生い茂り、汽水の水辺が本来あるべき環境です。主に狩猟採集で生きて、稲作はあまりやらないで、椎茸とかせいぜい麦を作付けする狭い畑があればよい。

「つまり、日本の環境論はなんだかんだ言っても結局は稲作論にすぎないということですね」

はい「稲作が正義」論です。米作り至上主義が国民に染み付いています。日本は瑞穂の国だそうです。だから茨城県石岡市にある常陸国府の跡地は、霞ヶ浦の水辺における、その価値観の前線基地だった思っています。

「もし八郎潟(八郎湖)や霞ヶ浦でバスを排除すると言い始めたら、そもそも日本人の環境の観念に勘違いがあるわけだから、八方破れなことになってしまうのですね」

はい、要するにバス釣りをするヒトを水辺から排除することが主な目的でしょう。それを直接言うと、釣り人の思想信条の自由、職業選択の自由、行動や言論の自由を制限することになります。だから、バスを排除するための環境論をかつての攘夷論と同じように作り上げて、明治維新のときのように世論を盛り上げる。それがうまくいけば、バス釣りをする先住日本人のような管理しにくい人種を水辺から排除することができます。

「升さんの行動パターンや考え方は、先住日本人の遺伝子からきているのですか?」

いいえ、私は笵蠡(はんれい:中国、春秋時代の越の功臣)を私淑していますから、私の祖先は越の難民だと思っています。孔明ら漢民族が蛮族と呼んだ南方海洋民族ではないかと勝手に感じています。

「僕(吉田)の容姿はどこから渡って来た遺伝子の表現かわからないけど、愛犬ジャッキー(ゴールデンレトリバー)を連れて水辺で狩猟しながら、沿海州と北米を行き来していた3000年前のツングース民族のような気がしています。ということは、南方から渡って来た稲作民族の升さんとは仲よくなれないはずです。僕と升さんの遺伝子は大昔の日本列島でお互いの自由を守るために戦っていたかもしれない」

その戦いは、たぶん吉田さんが勝って僕を殺したでしょう。それとも僕の知略にはまって吉田さんは東北に追いやられたかもしれません(笑)。

「大昔にお互いの祖先が戦っていたとしたら、すごくうれしいねぇ。2000年以上の年月が流れてお互いの遺伝子が霞ヶ浦の水辺で巡り会ったわけだから。さあ升さん、次はどこに行きますか?」

茨城県石岡市にある常陸国府に行きましょう。私のような稲作民族が、吉田さんのように稲作の道徳に逆らう不良たち(先住の狩猟民/現代のバス釣り人)を追い払うための前線基地が常陸国府です。



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。