釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第8回 足尾・渡良瀬(3)イヌはどこから来たのか?
前回は足尾銅山に向かう途中で、渡良瀬遊水地に立ち寄りました。明治政府の工業化という国策と対決してしまった田中正造について、足尾銅山の経営者だった古河市兵衛について学びました。そして鉱毒の被害が下流に広がることを食い止めるために建造された渡良瀬遊水地と、その時に沈められた谷中村の跡地に立ちました。

現在の渡良瀬遊水地は、野鳥の宝庫などと呼ばれると同時に、広大な憩いのスポットになっていて、イヌの散歩をする多くのヒトで賑わっていました。足尾銅山に向かう車中で私と吉田さんはヒトとイヌについて考えました。イヌはいつどのようにして日本に入ってきたのでしょうか。


ヒトに従属するオオカミ

「升さん、イヌはいつごろからヒトと暮らし始めたのですか」

ヒトとイヌが一緒に暮らしていた証拠として、アラスカの遺跡からイヌの骨が見つかっています。一番古いものは約2万年前のものです。イランの岩場にあるイヌの壁画は1万2千年前に描かれたそうです。アメリカ、パレスチナ、ドイツなどの遺跡からは約1万年前のイヌの骨が発見されています。

「イヌはオオカミが家畜化されたものだと聞いたことがありますが、それは本当なんですかね」

アフリカ大陸のほぼ中央に生息していた中型霊長類ヒトは、二足歩行を始めて、やがて集団で狩りをするようになりました。集団で狩りをする動物はリカオン、ハイエナ、オオカミなどがいます。ハイエナはジャコウネコに近い夜行性の動物で、死んだ哺乳類や鳥類の腐肉を食べますが自分たちで狩りもします。

ジャッカルはイヌ科で、ハイエナのように腐肉を食べたり、小動物、果実、甘蔗(サトウキビ)なども食べる、現在のイヌに似た雑食性です。リカオンは巣穴で生活して、夜に数十頭の群れでインパラなどの有蹄類を捕食するので、オオカミに近いのかもしれません。

ところが、リカオン、ハイエナ、ジャッカルの集団とオオカミの集団には違いがあります。オオカミ社会には順列があるのです。

「それはヒトの序列みたいに?」

私は動物行動学について詳しくありませんが、オオカミもヒトも同じようなフィールドで同じような獲物をねらって、それぞれ狩りのときの集団に序列があるそうです。

「まさか、オオカミの狩りの行動を観察して、ヒトが狩りの技術を身につけたとか。もしそうだとすると、ヒトの序列社会はオオカミに学んで習得したことになる……」

面白い仮説ですね。吉田さんの説とは逆になりますが、ヒトが得た獲物をオオカミが分けてもらい、やがてヒトに飼い慣らされて、ヒトの狩りに同行する生き方を選択したオオカミがいた、それがやがてイヌになったと考えるべきでしょう。

「あるオオカミの集団か、ある1頭がヒトから獲物の分け前をもらうようになって、自分で狩りをするよりヒトの狩りに協力して分け前をもらうほうが生きやすいと思ったと?」

あくまで推測ですが、それが狩猟犬の始まりではないでしょうか。ヒトに媚びない野生のオオカミもいたけど、ヒトに慣れて従ったオオカミもいた。ヒトに従属しなかったオオカミは、大和朝廷に従属しなかった先住日本列島人のように、やがてはヒトに滅ぼされてしまう。絶滅した日本オオカミみたいに……。

オオカミは地球上から絶滅しそうになっています。ヒトに従属したオオカミがイヌになって生き残り、野生のオオカミは絶滅においやられてしまうことを考えると、イヌの命を救う獣医として複雑な気分です。


可愛がるのも殺すのもヒトの都合

シェパードやハスキーの体型はオオカミに似ています。昔はオオカミが北半球全体を覆うように広く生息していたのに、西ヨーロッパ、中国の大部分、日本では絶滅しました。オオカミは家族単位の集団で生活していて、シカも食べるし、ネズミなど小動物も食べていたらしい。日本の本土産オオカミは小形系のオオカミで、ヤマイヌとも呼ばれていたのですが、1905年くらいに奈良県を最後に姿を消しました。大型の北海道産オオカミ(別称エゾオオカミ)も1895年くらいに絶滅したそうです。

「オオカミに衣」ということわざは、うわべは善人らしく装いながら、内心は凶悪無慈悲なことのたとえで、一匹オオカミとは独りで行動する人ということです。

イヌには「犬骨折って鷹の餌食になる」という慣用句があります。鷹狩りで犬が苦労して追い出した獲物を鷹に横取りされることから、労して得た物を他人に奪われることです。

「イヌも歩けば棒にあたる」は、物事を行なう者は時に災いにあう。また、やってみると思わぬ幸いにあうことですね。本当の意味は前者の災いにあうということでした。あまりよい意味ではありませんね。

「イヌの川端歩き」は、いくら歩き回っても何も得るものがないこと、また、金を持たずにぶらつくことのたとえです。

ヒトはオオカミから狩猟を習い、オオカミはヒトと暮らしてイヌになってくれたのに、イヌ死に、イヌも食わない、イヌの論語といった言葉もあります。吉田さんは愛犬ジャッキー(ゴールデンレトリバー)を決してイヌ何々というような扱いはしないで、互いに感謝と尊敬をもって家族の一員として暮らしてきました。プロアングラーは狩猟民でありイヌはパートナーです。

「升さんこそ獣医だからイヌはパートナーでしょう」

吉田さんが言うことはもっともですが、実は私はその意義を失ってしまい苦しい思いをしています。私の人生はイヌの川端歩きみたいな状態なんですよ。というのは、捕獲された野良イヌや実験用に育てられたビーグルを動物実験に使って、ヒトに都合のよい薬品や治療のノウハウを得たら殺処分してしまう、ということを過去にしてきたからです。

私は自宅で飼うイヌを可愛がる一方で、医療と薬品の仕事ではそんなことをしていたので、矛盾を感じてきましたし、自分に言い訳ができません。自分にうまい言い訳ができると、出世できるのかもしれません。獣医も診療ミスをして黙っていたり、隠していても仕事が続けられるのは、自分に言い訳ができる能力があるからだと考えてしまいます。

「つまり、ヒトのためになるなら可愛がり、ヒトのためにならないなら殺しても仕方がないということですか?」

漁師は売れる魚は売り、売れなくても食べられる魚は自分たちで食べます。なるべく捨てない。日本の淡水域は面白いことに、明治以後に入ってきた外来魚でも、売れる魚は売るし、美味しい魚は食べ物として流通させています。ブルーギルやアメリカナマズなどは美味しくないと思って、釣れたら地面に投げ捨てる釣り人も多いようです。食べたら美味しいのに調理がめんどうだから捨ててしまうこともあるようです。

「釣り人として苦しいところです。釣ったあと不要だからと岸に捨てられて無意味に殺される魚をいくらでも見ます。升さんと同じように自分でも答えが出せないで考えてしまいます」


日本列島は移入種だらけ

「升さん、イヌはいつ頃から日本列島に入ってきたんですか」

わかっているのは縄文時代の縄文犬です。神奈川県の夏島貝塚から発見されたイヌの骨は、9500年前のものと推定されています。ちなみに、ウシ、ウマ、ニワトリは弥生時代に朝鮮半島からもちこまれた外来種の家畜です。ヤギは15世紀に琉球から島伝いに九州に達して広がったようです。もちろんヤギが島伝いに泳いで生息範囲を広げたわけではありません。ヒトが舟に乗せて運んだのです。

ウシはオーロックス(ウシ科の絶滅種。家畜化されたウシの先祖)を起源とするユーラシア型と、コブウシ(インド牛)を起源とする東南アジア型に分けられます。鹿児島県南部と奄美諸島との間にあるトカラ列島を経由したトカラウシ、朝鮮半島から日本列島に運び込まれたミシマウシ、明治時代にヨーロッパから外来したウシ、それらを交配改良して黒毛、褐(アカ)毛、無角和種、日本短角の4種類の和牛を作りました。面白いことに山口県見島の見島牛(ウシが日本に渡来した頃の面影を残す)は、なぜか在来種として天然記念物になっています。ほほえましいことです。

「イヌはウシやウマよりずっと大昔に大陸からヒトとともに日本列島に入って来たのですね。日本列島の生き物は海外から外来した種だらけですな」

ヒトの遺伝子は約30億文字で構成されていますが、この解析はほぼ終了しています。つまり、吉田さんはどこから渡って来たのか、どんな部分に先住日本人の遺伝子が引き継がれているのか、などが分析できるようになります。ほかの生物も同じような手段で遺伝子を調べられます。

今までの伝統的な生物学によっては、生態、形態、発生、分類など、その魚がどこからきたのか、日本列島の固有種として認める条件は何か、などが曖昧でした。ところが遺伝子で調査をすると、この魚のツールは今から何年前にどこから入ってきたのか、などが分かるので、今日本にいる生き物を排除する基準を作ることができます。

もしもヒトの遺伝子を調べて、ある部分だけを強調すると人種差別が起きてしまうでしょう。私が絶対にやめてほしいと思っている研究は、ヒトの性格を遺伝子で分類することです。

「そこから差別が始まって、いじめ、排除、暴力、殺せ、ということにつながっていく。外来魚の駆除とか、リリース禁止とかも、升さんは差別から始まっていると?」

そうです。サメが生き延びるためにほかの魚を食べたり、ヒトが食われたりするとジョーズ呼ばわりされて、殺せ! 駆除だ! 撲滅だ! となります。もともとサメはただ生きているだけですから、ヒトの支配的意識が差別を生み出しているのです。もし、サメがヒトからエサをもらって可愛く尻尾を振る芸達者な生き物だったらどうでしょう? たぶんヒトのパートナーとして大切に扱われたことでしょう。とにかくヒトは御都合主義なのです。
関連記事

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。