釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2回 太公望から始まる釣り人の歴史
中国の故事に書かれている太公望

中国の故事に太公望という人物のことが書かれている。中国の故事とは『史記』(中国最初の紀伝体の通史。130巻。前漢の司馬遷著。紀元前91年頃完成)や『漢書』(中国の正式な歴史書。前漢の歴史を記した紀伝体の書。120巻。82年頃成立)のことです。

日本の故事は記紀と呼ばれます。記紀とは、奈良〜平安時代(710〜1185年)の朝廷で編集された『日本書紀』『続日本紀』『日本後紀』『続日本後紀』『日本文徳天皇実録』の六国史や『古事記』のことです。ここで言いたいのは、日本の記紀伝承には太公望のような釣り文化を担う人物の記述がないことです。そのことが日本における釣り文化の立場に不利な影響を与えているのではないかと想像するが、そのことはあとでふれます。

太公望とはどんな人物か?
今から約3100年前のこと。殷朝(中国の古代王朝。紀元前11世紀頃に周の武王に滅ぼされた)で公の職についていた太公望は、国王や側近の堕落に落胆して、職を辞して渭水(黄河の大支流。西安がある渭水盆地は周〜唐まで政治の中心)の浜で釣り糸を垂れて世を避けた。妻は太公望が辞職して給与が入らなくなったので離縁して実家に帰ってしまった。

やがて太公望は周の文王に用いられ、2代武王を助けて殷を討ち天下を定め、後に周代の斉国の始祖となった。ちなみに「虎の巻」が書いてある兵法書の『六韜』は、太公望の著と伝えられている魏晋時代(220〜589年)の偽作です。

太公望が斉国の領主になったことを知った妻は、彼に復縁を迫ったが、太公望は「覆水盆に返らず」と答えた。盆からこぼれた水、入れ物をひっくり返してこぼした水は、二度ともとの入れ物にはもどらないことを例えて、この女を退けた。

太公望にまつわるこれらの故事から、釣り人の異名が太公望になり、今に伝わっています。太公望を釣り人の祖として考えると、釣り人の歴史はおおよそ3100年にも及ぶ壮大なものです。

釣りは、食料として魚を得るための漁労とは性質がちがいます。殷王朝の要人だった太公望が仕事を辞めて、人民の生活を心配し、政治の理想像を考える場を「魚釣り」においたことは、日本の「禅修行」や「わび茶」の精神と同じです。

文王と太公望との出会い

周の文王と太公望の出会いは、太公望の魚釣りの姿から始まる。ある日、文王は狩りに出かけた。使官が占いをしたところ、「渭水の北岸で狩りをなさいますなら、大きな獲物があるでしょう、天はあなたに師を与え、その師はあなたを補佐して3代の功臣となるでありましょう」と言った。

文王は3日間、身を清めてから渭水の北岸で狩猟を行なった。その時、茅(かや)を敷いて魚釣りをしている太公望を見つけた。文王は馬車をおりて丁重にあいさつした。
「あなたは釣りがお好きですか」
太公望が答えた。
「君子はその志を得る(目的を果たすこと)を楽しむ、ということを聞いたことがありますが、私がいま魚釣りを楽しんでいるのは君子のそれに似ているのです」
文王は尋ねた。
「いったどこが似ているのでしょうか」
太公望は答えた。
「釣りにはその目的を達成するために、臨機応変の手段が3つあります。世のことも同じで、餌で魚を釣るのは、給与、地位、名誉で人を釣るのに似ています。登用された忠臣が命をかけて働くのは、餌で釣られた魚が死ぬのと似ています。大魚には大きな餌を、小魚には小さな餌を用意しますが、これは地位(官位)の高低を用意して才能の大小に対応するのと似ています」
太公望は話を続けた。
「そもそも魚を釣るのに餌をつけるのは、魚を手に入れるためであり、人を釣るのも同じ理屈です。その真情は深遠で、釣りから国家の大事を見通すことができるわけです」
文王はいった。
「あなたのおっしゃるその深遠なる情というものを私に教えてもらいたい」
太公望は答えた。
「水源が深いところから水が尽きることなく流れ、その流れのなかにはじめて魚が生育することを情といいます。根が深く張ってこそ樹木が成長繁茂し、そこに木の実がみのります。それが自然の情というものです。君子(上司)と臣下(部下)とが互いに親しみ合い、信頼しあってこそ事業が成立するというのが社会の情というものです」

『六韜』は、さきほど述べたように魏晋時代の偽作と考えるのが定説です。しかし、私たちは太公望の故事(六韜)から、釣り人の歴史が古代中国に始まったと定義したい。

日本での魚釣りの扱われ方

能役者の観阿弥の子、世阿弥は1363年頃に生まれて1443年頃に没したと伝えられる。立花(生け花)の宴を京都大原で開いたことが太平記に残される佐々木高氏(ささきたかうじ)は、1306に生まれ1373年に没した。

茶道は禅味(世俗を離れた枯淡な趣、味わい)を加えた点茶法(抹茶をたてること)を始めた村田珠光(1423〜1502年)を祖とし、武野紹鴎(たけのじょうおう)を経て千利休に至って大成した。利休が豊臣秀吉の命により切腹して世を去ったのは1591年です。つまり、お茶、お花、能といった日本の伝統文化は、400〜500年の歴史しかないのです。

漁獲は、古代の奥羽から北海道にかけて住み、言語や風俗を異にして朝廷に服従しなかった先住日本人の行き方です。平安貴族から見ると、漁獲を目的とする魚釣りは、蝦夷(えみし)の文化です。大陸の漢民族がイレズミをする呉人を南蛮と呼んで、彼らの文化を否定したことと同じような感覚でしょう。3世紀の魏志倭人伝には、倭人(先住日本人)はイレズミをして漁労を得意とすると書いてあります。

「漁労を得意とする」「釣りを得意とする」者たちへの平安貴族の評価は高くなかったようです。平安貴族らは文学に夢中になり、伊勢・竹取・源氏・栄華などの物語、土佐日記などの日記、枕草子などの随筆、和歌は古今集を中心として隆盛を極めました。そして、禁中(宮中)・院中(上皇・法皇の御所)にひとり住みの房(部屋)を与えられた高位の女官である女房(にょうぼう)が作家として活躍しました。

これらの文学作品は現代の中学校や高等学校で、なかば強制的に教えられ、大学受験の試験問題として扱われています。私たちは先生から「平安貴族のこころもちを理解しろ」と言われましたが、漁労や農耕を卑下し、武力を背景にした権力を誇示しながら、汗を流さないで飯が食える貴族の気持ちなど理解できませんでした。働かないで食う男女の恋愛、悲哀が雅(宮廷風であり優美で上品)であるという考え方にはバケツで水を浴びせたくなります。

仏教と狩猟文化の関係

平安時代、鎌倉時代、室町時代(794〜1573年)に、釣りが文化として発展することはなかった。利休が作った竹製の茶さじは重要な文化財です。同じ竹製品でも伝統工芸を究めた和竿は、文化財としての社会的評価は利休の茶さじに遥かに及びません。そして、日本の釣り人で歴史上に残されている大人物(権力者)はいません。釣り人の文学や道徳で庶民を教化することもなく、その足跡もみあたりません。

江戸時代になると大名、旗本、富豪商人が花見のいでたちで、酒と行楽弁当と遊女を同伴して、女の髪を糸にして、金の薄板のオモリで木場あたりでタナゴの賭け釣りを楽しんだとされます。じつに下賤であり品性がいやしいと言われかねません。その一方で江戸文学には釣りを題材にした書物が残されています。これらには情景があり文学作品としての評価が高いが、哲学的とまでは言えません。

昭和初期、大阪のハコ(ヘラブナ)釣り、東京の釣り堀でのコイ釣りは「賭け釣り」だったという資料があります。文化人や知識人は晴耕雨読であり、たとえ世をはかなんでも水辺で糸をたれて思案にふけるといったことはしなかったようです。こうして、日本の釣りは賭けや、食材を獲得するための時代が長く続きました。

釣りは聖徳太子(574〜622年)のころから狩猟や漁労などとともに殺生行為(生き物を殺すこと、仏教では十悪のひとつ)として扱われた形跡があります。大和の大乗仏教の殺生戒は殺生を戒める戒律です。1252年に編まれた『十訓抄(じっきんしょう)』は和漢・古今の教訓的な説話を編集したもので、殺生を諌めています。また、仏教の慈悲の精神によって一定地域での鳥、獣、魚などの狩猟を禁ずる殺生禁断(せっしょうきんだん)を定めています。

これらは狩猟生活を営む先住民には都合が悪いことになります。741年に天武天皇が命じて、全国の国府に国分寺が配置され、五穀豊穰(稲作成功)を願う金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)が収められました。朝廷が狩猟や漁労など殺生行為は解脱の邪魔になると教える仏教を普及させた意図は、先住民である蝦夷の排除と狩猟文化の否定をもくろんだように思えてなりません。

したがって、大学教授のような立場にあった国分寺の僧侶など、権力側にあるヒトが釣りを戯言(ざれごと)として楽しむことはあったかもしれないが、真面目に取り組むことはなかったでしょう。最澄以後の天台座主をはじめ、栄西、道元、日連、法然、親鸞や、佐伯一族と伝えられ、庶民を自力かつ密教的に救済した逸話が残される弘法大師の伝記に、釣りの文字は見当たりません。唯一、「妙法蓮華経」観世音菩薩普門品第25巻(通称:観音経)に、波浪にみまわれても観音力で救われるとあり、漁労者救済の一光が細々と差しこんでいるにすぎません。

夷・戎(えびす)はエミシ(蝦夷)が転じたとも言われます。恵比須は恵比寿・夷・戎・蛭子と書き、七福神の一員で兵庫県西宮神社の祭神、蛭子命(ひるこのみこと)と伝えられます。海上安全・漁業の神、また商売繁昌の神として信仰されてきました。風折烏帽子(かざおりえぼし)をかぶり、タイを手にする姿で有名です。蛭子命は日本神話で伊弉諾(いざなぎ)、伊弉冉(いざなみ)二神の間に最初に生まれた子だが、3歳になっても脚が立たず流し捨てられたと伝えられます。この神話からエビスを歪んだ形や不正常なさまの形容に用いることがあります。

風折烏帽子は主に地下(じげ)が着用します。地下とは天皇が政務する清涼殿に昇殿を許されない官人、または宮中に仕える者以外の人々や一般農民や庶民を指します。夷心(びすこころ)は未開の民の荒々しい心、もののあわれを解さない心を意味します。夷心という言葉には先住日本人がもつ狩猟意欲に、うしろ指を差すような差別的な意味が含まれているのではないでしょうか。

もし大和朝廷のなかに太公望のような人物がいたら……、また、平安文学に先住日本人の狩猟や漁労などへの気づかいがあれば、現代の日本人の差別意識をおおいに和らげたことでしょう。少なくとも、明治維新に始まった朝鮮人や中国人を差別する愚行には至らなかったでしょう。
(つづく)


関連記事





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。