釣り人のための水辺の環境学。小さな命の大切さを原理として釣り人の自由を守る兵法書です。






検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

NPOミズベ

Author:NPOミズベ
文◎升秀夫、吉田幸二
文と構成◎金澤一嘉

升秀夫(ます・ひでお)
1955年東京都杉並区生まれ。京都市下京区在住。
日本獣医師会生涯研修認定獣医師。専門は獣医臨床/医動物学。筑波大学大学院/医学医療系助教。湘央学園非常勤講師 (小動物外科)。環境省浄化槽フォーラム理事。NPO水辺基盤協会副理事長。
著書『うちの子がわたしを看てくれる/動物介在看護』など多数。セラピードッグプロジェクトとして医療現場での伴侶動物の役割を研究。

吉田幸二(よしだ・こうじ)
NPO法人水辺基盤協会理事長、W.B.S.顧問。
1951年東京都文京区生まれ。茨城県霞ヶ浦在住。1984年からプロアングラーとして活動。1987〜89年の計3回、B.A.S.S.メガバックストーナメント参戦(フロリダ州)。アメリカで経験したトーナメントを参考にして、1990年霞ヶ浦でバストーナメント団体W.B.S.を設立。多くのプロアングラーを育成。この間に釣り場の清掃活動をスタート。2004年にW.B.S.の運営から退き、2005年にNPO法人水辺基盤協会を茨城県の認定を受けて設立。釣り場の清掃活動「53 Pick Up!」を全国展開する。

金澤一嘉(かなざわ・かずよし)
編集記者。1970年東京都葛飾区生まれ、千葉県印旛沼水系在住。
つり人社月刊バサー編集部、ほぼ日刊イトイ新聞を経て、月刊バサー誌のフリーランス記者として企画取材活動の日々。このブログの管理人。下のメールフォームから管理人に送信できます。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第5回 霞ヶ浦のたび「浮島」

霞ヶ浦・浮島地区の丘に天皇が!?

私たち釣り人は、釣りの知識や技量は人一倍あるけれど、多くのことについて勉強する必要があります。吉田幸二さんと私(升)は自分たちが暮らしている霞ヶ浦を見直す旅に出ました。

040429_05-1.jpg
霞ヶ浦・浮島地区にある丘。野田奈川と本湖の和田岬の間に位置する。

その日、私たちの車は、霞ヶ浦の南岸、浮島地区の県道を走っていた。旧番地は茨城県稲敷郡桜川村浮島です。
「吉田さん、車を停めて寄り道しましょうか」
「升さん、これは里山ですか?」
「まあ、登ってみましょう」
私たちは人工的に造られた古墳とも思えるような、周囲200mほどの円錐形の丘を見上げていた。ふもとから階段を上っていくと、頂上に石碑があった。

040429_05-2.jpg

「吉田さん、これは古代、紀元前後に140歳くらいまで生きたとされる景行天皇がここに巡幸(天皇が各地を巡ること)したとする記念碑です」
「升さん、景行天皇は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)のお父さんでしたっけ?」
「そうです。常陸国風土記(720年頃)に、この土地、信太郡についての記述があり、景行天皇が浮島を巡幸したとあります」
「そこに書いてあることは事実なんですか?」
「常陸国風土記は、土地の古老の言うことには……、という書き出しです。昔々あるところに……、というのと同じですよ。常陸国風土記は713年に元明天皇の命令によって、諸国の郡郷の名の由来、地形、産物、伝説などを記して撰進(せんしん/文集を編集して天皇に奉ること)させたものです。原文に近いもので残っているのは出雲国風土記だけです。常陸と播磨の風土記は一部が欠けていて、豊後と肥前のものはかなり省略されて残っている程度です。そもそも日本武尊のことなどは伝説めいてます」。

040429_05-3.jpg
昭和4年に旧日本軍が建てた石碑。

この石碑そのものは、旧帝国日本軍関係者が建てたとされる。戦勝祈願、霞ヶ浦航空隊員の奮起、特攻隊員の死への覚悟、そうした意味の石碑であり、今は忘れられ荒れ果てています。
「石碑に、昭和2年陸軍大演習と書いてありますよ」
「昭和2年に茨城県八郷町を満州東北部にみたてた大演習がありました。そのときの記念碑でしょう。中国大陸に植民地を広げるフロンティア戦争のための戦勝祈願キャラクターとしては、古代の東日本を征服した景行天皇碑と息子の日本武尊の伝説はできすぎで、滑稽なほどです。でも、昭和2年の日本の若者は、8世紀の大和朝廷に仕える戦士の気分でいたのかもしれません。この石碑の目的は満州での五穀豊穰ですよ」
「古代に大和朝廷が東日本を征服したように、旧日本軍が中国大陸を征服しに行くという部分でイメージが重なるわけですね」
このように、霞ヶ浦のほとりをドライブしていると、突然、神話時代に関わりのあることに遭遇する。つまり、霞ヶ浦は古代、大和朝廷が東日本先住民の蝦夷を征服しつつある時代の最前線だったのです。
 

浮島は文字どおり島だった

丘の頂上から見渡すと低地に広がる水田のなかに、丘が点在してまるで古墳群のような地形。平地の水田に海水を満たしたら、瀬戸内海のように小島が点在する風景になる。
「約6000年前の縄文海進の時代は、海水面が今より4m前後高く、霞ヶ浦は海だったから、ここは小さな島々だったのでしょう。舟がないと生活できなかったはずです。舟といえば、昭和初期まで続いていた潮来あたりの水郷の生活は、えらく不便だったと思いますよ」

040429_05-4.jpg
約6000年前の縄文海進の時代は海面が4m前後高く、2人が立つ場所は海だった。


昭和初期の地図を見ると霞ヶ浦の「浮島」という地名は、その名のとおり島だったことがわかる。戦後の食料増産と稲作のためという理由で、浮島の周りは干拓工事によって陸地化され、農地化されて島ではなくなった。現在は建築や道路建設の資材置き場や、雑草の生い茂る雑種地、産業廃棄物の仮置き場になっている。

石碑の周囲にはドングリの実がたくさん落ちていた。この周辺は房総半島や伊豆半島と同じように、ヤブツバキ、カシなど照葉樹林が多い。かつて霞ヶ浦は海だったので周辺は稲作には適さず、水田を維持するための雑木林は造られなかったらしい。照葉樹林は一年中その葉が繁るので、太陽の光がさえぎられて地表は照らされることがないから土壌の栄養は落葉樹林に比べて乏しい。

その反面、秋に紅葉して葉が散るシラカバ、ブナ、クヌギ、コナラ、ミズナラといった落葉樹林帯は、冬は日差しに恵まれる。落葉樹の地面に積もった落ち葉は、昆虫の幼虫や土壌線虫、ミミズなどが食べて糞をする。キノコ、山菜、土壌微生物や原生動物(原虫)も落ち葉を栄養にして増殖する。次にこうした微細な生物をエサにする虫たちが増えて、その虫を食べる動物も増える。微生物が落ち葉を分解すると植物の肥料になるチッソやリンが発生し、それが土の中に増えると植物の多様性が得られる。さらに、昆虫を食べる鳥類、ウサギ、野ネズミが繁殖し、それらを狙う猛禽類も繁殖して動物の多様性が得られる。


カモシカは誰が運んだのか

古代の日本列島には鹿(ニホンジカ)が多かった。また、カモシカはシカ科ではなくウシ科の哺乳類であるが、この落葉樹林帯の食物連鎖のなかで数多く生息していた。カモシカは日本と台湾の特産で、山地の森林に生活し、険しい崖でも巧みに上り下りする、日本の特別天然記念物だ。

東南アジア・スマトラ島にはよく似た種類のスマトラカモシカがいる。現在カモシカが日本と台湾の特産であることは、古墳時代、3世紀末から7世紀に日本に渡来してきた外来人たちの仕業であると疑いたくなる。カモシカが自力で海を泳いで日本に渡って来たとは思えない。

キョン(小型のシカ、日本にもいる)はシカ科のキョン亜科キョン属の哺乳類で、中国南部と台湾に分布する。キョンも海を泳いで渡ってくることはない。しかし、こうした動物が日本の固有種だという人がいる。地殻変動によって日本列島や台湾が大陸から分離した40万年前から日本に生息していたという、そんなおとぎ話のような生物学を語る者があとをたたない。

日本列島はガラパゴス諸島とはちがい、約3万年前の旧石器時代からヒトの手垢にまみれてきた。
「生物のそれぞれの種は神によって個々に創造されたものではなく、極めて簡単な原始生物から進化してきたものである」とするイギリスの生物学者ダーウィンの進化論は「神への感謝」をシラケさせた。しかし、動植物やヒトの生命を差別することが愚かだとする根拠を示したダーウィンの説は、神父が伝える神々が言うヒトの平等や、僧侶が伝える仏道の平等よりよほど信頼できると思う。


霞ヶ浦の特産物は砂利

霞ヶ浦から採取されている湖底の砂利は、2万年以上前に鬼怒川(古鬼怒川)が現在の桜川の流路で霞ヶ浦に流れ込んでいた時代に、現在の栃木県日光周辺の山々から運ばれてきたものだ。霞ヶ浦産の砂利という資源は、土木工事や建築資材として流通し、霞ヶ浦で獲れる水産物よりも高収益をあげている。

現代の霞ヶ浦には、生活排水や畜産排水により、チッソやリンが流入してきた。そして水質の富栄養化により植物プランクトンのアオコが大発生した。やがて富栄養化対策が効を奏しアオコは終息したが、農薬や生活排水からの化学物質汚染がひどくなり漁業資源が死に絶えはじめた。ワカサギのエサになるユスリカの幼虫が激減し、ワカサギの稚魚を放流してもロクに育たない。いまや霞ヶ浦の主な産物は湖底から浚渫された砂利である。

120406_shinko_jyali.jpg
沖の湖底から掘り出した砂利を港で洗って出荷する。撮影地は土浦新港

今、私たちが霞ヶ浦の湖畔に住む古老に話をきくと、かつて霞ヶ浦の水は透明で、魚介類も豊富にあり、農産物の生産も充実して、生活に躍動感があったと教えてくれる。古代に書かれた『常陸国風土記』のなかで古老が話す霞ヶ浦の漁民の暮らしぶりは、現在の古老が伝えてくれることと大差ない。これはとても重要なことだ。

つまり、霞ヶ浦の水が濁り、魚介類が激減したのは、霞ヶ浦に暮らすヒトの数千年の歴史のうち、戦後のごく最近起きたばかりの大事件なのです。それほどの急激な変化があったにもかかわらず、現代の湖畔に暮らす人々が大騒ぎしないのは不思議なことだ。

戦後、高度経済成長期以後の日本は、工業先進国として最先端工業製品を外国に売って、そこで得られた外貨で、外国から食料を輸入している。だから湖畔民も霞ヶ浦からとれる魚介類が消滅しても痛みは感じない。今となっては霞ヶ浦の産物の充実がもたらす、湖畔生活の躍動感など、古老の郷愁にすぎない。若者の多くはハンバガーやフライドチキンが好物であり、霞ヶ浦からとれた魚介類の佃煮や甘露煮は、ドーナツやピザには対抗できない。
(つづく)

次回は、利根川水系の支流、渡良瀬川の上流にある足尾銅山を旅します。

関連記事





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。